夏の甲子園が開幕 選手宣誓の横浜・玉城陽希主将「最高の夏にすることを誓います」/甲子園

夏の甲子園が開幕 選手宣誓の横浜・玉城陽希主将「最高の夏にすることを誓います」/甲子園

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/08/06
No image

開会式で選手宣誓を務めた横浜の主将、玉城陽希捕手=甲子園(撮影・林俊志)

第104回全国高校野球選手権大会が6日、甲子園球場で開幕した。開会式が行われ、出場49校のうち、PCR検査で新型コロナウイルスの集団感染と判断された県岐阜商、浜田(島根)、帝京五(愛媛)、有田工(佐賀)、九州学院(熊本)、複数の体調不良者が出た九州国際大付(福岡)を除く43校の主将が参加した。

3年ぶりに球場に集まった一般客が見守る中、前回優勝校の智弁和歌山を先頭に、興南(沖縄)から旭川大高(北北海道)まで南から北の順に入場行進した。

選手宣誓は横浜(神奈川)の主将、玉城陽希捕手(3年)が務め、「一球一球に全力を注ぎ、一投一打に思いを乗せ、高校生らしく堂々とはつらつと。そして感謝と感動の高校野球の新たな歴史に名を刻めるように全身全霊でプレーをし、最高の夏にすることを誓います」と声を張り上げた。

開会式の途中には熱中症予防のため、給水タイムが設けられた。

大会第1日は日大三島(静岡)-国学院栃木、明豊(大分)-樹徳(群馬)、京都国際-一関学院(岩手)の3試合が行われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加