ナガタダイスケ氏が手掛けたミニチュアのようにも見える不思議な都市風景の写真展

ナガタダイスケ氏が手掛けたミニチュアのようにも見える不思議な都市風景の写真展

  • MdN Design Interactive
  • 更新日:2021/11/25
No image

ナガタダイスケ写真展「view from the desktop」

2021年11月26日(金)から12月8日(水)まで、エプソンスクエア丸の内のエプサイトギャラリーにて、ナガタダイスケ氏の写真展「view from the desktop」の開催が予定されている。「view from the desktop」は、「エプサイトギャラリー2021年度第1期公募展」への応募で選出された作品の1つ。“写真とは何か”という問いかけを投げかける作品を堪能できる。

ナガタダイスケ氏は、1994年静岡県生まれ。2017年に東京造形大学写真専攻を卒業した。「view from the desktop」で表現されているのは、まるでミニチュアのようにも見える不思議な都市風景。この独特な表現は、撮影した写真をパソコン上で拡大し、テクスチャを滑らかにするなどの処理を施すことによって生み出されている。

この作品について、ナガタダイスケ氏は「この絵みたいな写真は、描くことが苦手な自分を画家のような気分にさせた」と語っており、同時に「写真が有している記録性を削ぎ落としてもなお、この絵はまだ写真であると思わされる」ともコメント。デスクトップ上の作業を経て、“写真らしい見え方”からは遠ざかりながらも、“写真的な要素”は決して失われることがないという不思議な面白さが内包されている。

※開催の状況について、最新の情報は公式Webサイトにて要確認

■期間:
2021年11月26日(金)~12月8日(水)

■開催場所:
エプソンスクエア丸の内 エプサイトギャラリー
東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル 1F

■問い合わせ先:
エプソン販売株式会社
url.https://www.epson.jp/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加