ヤマハ、ネットワーク技術者認定試験を6月から開始

ヤマハ、ネットワーク技術者認定試験を6月から開始

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/04/08
No image

ヤマハは4月6日、ネットワークエンジニアのスキルアップを目的とした同社初の公式認定制度「ヤマハネットワーク技術者認定試験(YCNE:Yamaha Certified Network Engineer)」を発表。6月より開始する。

最新のネットワーク技術やヤマハネットワーク製品の知識、専門性の高さを評価できるため、ネットワークエンジニアのスキルセットのひとつとして役立ててキャリアアップに繋げてもらうことを目的とし、ネットワークエンジニアを目指す学生をはじめ、ネットワークの基礎知識を確認したい人、ヤマハネットワーク製品を提案する営業担当者など、幅広く対象としている。初年度となる2021年には、ネットワークの基礎的な知識を中心とした「YCNE Basic★」の試験を開始。

また、学習に役立つツールとして、会員制コミュニティーサイト「ヤマハネットワークエンジニア会(YNE)」上で模擬試験を受けることができるコンテンツなどを今秋公開する予定。

試験は出題数50問(四肢択一)、試験形態はCBT(Computer Based Testing)、試験時間60分。受験料は1試験あたり社会人/一般が1万3200円、学生(学割)8800円。

また、2022年度以降は難易度が段階的にアップする「YCNE Standard★★」「YCNE Advanced★★★」の試験を順次開始する予定としている。

■関連サイト

ニュースリリース

ヤマハ

ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加