輪島功一氏「ベルトを巻くのは当然」孫磯谷大心1回TKOデビューに感激

輪島功一氏「ベルトを巻くのは当然」孫磯谷大心1回TKOデビューに感激

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/10/15
No image

試合後、笑顔でポーズを決める磯谷(右)と輪島功一氏(撮影・横山健太)

<ボクシング:68・5キロ契約体重4回戦>◇14日◇東京・後楽園ホール

元WBA、WBC世界スーパーウエルター級王者輪島功一氏(78)の孫、磯谷大心(20=輪島功一スポーツジム)が鮮やかな1回TKOでプロデビュー戦を飾った。同じくデビュー戦の羽賀彬光(35=DANGAN越谷)との68・5キロ契約4回戦に臨み、1回1分23秒、レフェリーストップによるTKO勝利を挙げた。来年は東日本新人王ウエルター級にエントリー予定で将来的に世界王者を目指す。自らと同じく新人王と世界王者を狙う孫に輪島氏は感激した。

白星デビューを飾った孫と歓喜のグータッチを交わした輪島氏は「自然に攻めるところは攻める。(相手パンチを)避けて打つ。今日は本当に良かったと思う。練習は根性、試合は勇気だから」と自らのモットーを交えながら、勝利を手放しで喜んだ。自らと同じ1回で試合決着させたことに「結果良ければ、すべて良し。まずは勝たないといけない」と満面の笑み。世界王座奪取を掲げた孫に向け「(王座)ベルトを巻くのは当然だと思う。あとはどれぐらい早くいけるか。自分は25歳と遅くデビューしたから人の3~4倍練習していたからね」と孫の成長を見守っていく姿勢を示していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加