若き日のセスクがマンU闘将を怒らせる とばっちりを受けたのはまさかの...

若き日のセスクがマンU闘将を怒らせる とばっちりを受けたのはまさかの...

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/08/01
No image

セスクのタックルに激怒したキーン

元FCバルセロナのMFセスク・ファブレガスがアーセナル所属時代に対戦したマンチェスター・ユナイテッドの歴史を象徴するキャプテン、ロイ・キーンを激怒させたという秘話を『CTMX Deportes』で明かしている。

アーセナル2年目のシーズンを送っていたセスク・ファブレガスは、2005年のFAカップ決勝でマンチェスター・ユナイテッドと対戦した。先発出場したセスクは、ロイ・キーンに激しいタックルを浴びせたようで、これに腹を立てた闘将は、ハーフタイム中に当時ユナイテッド1年目だったジェラール・ピケを怒鳴り散らしにいったようだ。

というのも、キーンはスペインの世代別代表でセスクとピケの親交が深かったことを知っており、アーセナルの若造からの屈辱に耐えられなかったキーンの標的になったのがピケだったようだ。

セスクはこの出来事について、「少し悪態をつくことはあったが、楽しかった」と説明している。「ピケから聞いた話だが、本当に笑えたね」と懐かしんだ。試合にも4-5で敗れたキーンは余程腹を立てていたことだろう。

【告知】8月10日(月・祝)13時からラ・リーガ交流会ラ・リーガからの参加賞特典もあるかも!?詳しくはコチラ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加