右椎骨動脈乖離で入院の千鳥・ノブが退院「ちょっとゆっくりします」

右椎骨動脈乖離で入院の千鳥・ノブが退院「ちょっとゆっくりします」

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/08/06
No image

右椎骨動脈乖離(みぎついこつどうみゃくかいり)のため入院していたお笑いコンビ「千鳥」のノブ(42)が6日、ツイッターで退院したことを明かした。

「退院しました!」と報告し、「心配して下さった方、先輩後輩仕事関係の方、迷惑かけてすいません!励ましもありがとうございました!病院の方々も最高の治療ありがとうございました!」と感謝をつづった。さらに、「これからちょっとゆっくりします!大悟しばらく頼んだ!!」と相方へのメッセージを添えた。

ノブは7月27日に首の痛みを感じ、その後も痛みが引かなかったことから今月2日に病院で検査を受けたところ「右椎骨動脈乖離」と診断され、そのまま入院。医師からは、検査結果次第では数日で退院出来るが、1カ月ほど安静期間が必要と伝えられていた。

※写真は資料

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加