韓国仏像裁判 対馬市の寺が初参加へ

韓国仏像裁判 対馬市の寺が初参加へ

  • KTNテレビ長崎
  • 更新日:2021/11/25
No image

テレビ長崎

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

9年前、対馬市の観音寺から盗まれた仏像の所有権をめぐり韓国で行われている裁判に、観音寺の前住職が「補助参加人」として参加することが分かりました。

「観世音菩薩坐像」は2012年、韓国の窃盗団によって対馬市の観音寺から盗まれ、その後、韓国で見つかりました。

現在、韓国では仏像の元々の所有権を主張する韓国の浮石寺が、仏像を保管している韓国政府に引き渡しを求める裁判を起こしています。

観音寺によりますと、この裁判に、前住職の田中 節孝 さんが「補助参加人」として参加することが正式に決まったということです。

一連の裁判に観音寺側が参加するのはこれが初めてです。

田中 さんは「所有権が観音寺にあるという当たり前のことを訴えたい」と話しています。

次回の裁判は2022年に行われます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加