埼京線で“集団痴漢” 逮捕の男ら“面識なし”...「防犯アプリ」で被害訴え

埼京線で“集団痴漢” 逮捕の男ら“面識なし”...「防犯アプリ」で被害訴え

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/09/23
No image

動画を見る(元記事へ)

埼玉県川口市の契約社員・加藤義郎容疑者(34)は、15日午前9時ごろ、赤羽駅から池袋駅を走行中のJR埼京線の最後尾の車両で、通勤中だった20代女性の下半身を触った疑いが持たれています。

加藤容疑者の供述(取り調べに対し):「混んでいる電車内で、若い女性がいたので、欲情して触った」

警視庁によりますと、事件当時、女性は加藤容疑者を含む5人ほどの男に取り囲まれていました。

■50代の男 膝曲げ不自然な格好で立ち…

今回の事件で、50代の男が同じ女性に痴漢行為をしたとして、逮捕されています。しかし、男は先にわいせつ行為を行っていた加藤容疑者と、面識はありませんでした。

逮捕された無職の50代の男は、次のように話しているということです。

50代の男:「女性を取り囲んでいる男たちがいるのを見て、確認した後、電車の揺れによって、輪に入るようにして、女性の正面に行ってしまった」

しかし、目撃者によると、この男は膝を曲げて、不自然な格好で立っていて、顔も被害者にぶつかるくらいの近さだったといいます。

■「防犯アプリ」起動 乗客が容疑者ら取り押さえ

複数の男らに取り囲まれ、恐怖で声を上げられなかったという女性。一連の犯行を周囲に知らせたのは、「防犯アプリ」でした。

痴漢被害に遭った女性は車内で、痴漢撃退アプリを起動しました。この音声を聞いた周囲の乗客が、容疑者らを取り押さえたということです。

警視庁は、こうした状況に対応できるよう、対策アプリをダウンロードしてほしいと呼び掛けています。

(「グッド!モーニング」2022年9月23日放送分より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加