SHOWROOM、超低遅延モード導入でライブ配信のタイムラグを最小0.5秒台に

SHOWROOM、超低遅延モード導入でライブ配信のタイムラグを最小0.5秒台に

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/06/03

SHOWROOMは6月3日、同社が運営する仮想ライブ空間「SHOWROOM」において、 2020年5月25日より、旧来の「低遅延モード」アップグレードして「超低遅延のライブ配信」 に対応したことを発表した。コロナ集団感染抑止で注目のイベント動画、配信サービス選定のコツ

一般的なライブ配信においては、音声が視聴者の端末に届くまでには、通常で10秒、低遅延配信でもおよそ2~4秒のタイムラグがある。

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加