なにわ男子・高橋恭平、迷言炸裂で“恭平ちゃん”ワールド全開「僕がブレザーを着て最強と最強」<なのに、千輝くんが甘すぎる。>

なにわ男子・高橋恭平、迷言炸裂で“恭平ちゃん”ワールド全開「僕がブレザーを着て最強と最強」<なのに、千輝くんが甘すぎる。>

  • モデルプレス
  • 更新日:2023/01/25

【モデルプレス=2023/01/25】なにわ男子の高橋恭平が25日、都内で行われた主演映画『なのに、千輝くんが甘すぎる。』(3月3日公開)完成披露試写会に、畑芽育、板垣李光人、莉子、曽田陵介、中島瑠菜、鈴木美羽、新城毅彦監督とともに登壇。“迷言”を炸裂させた。

No image

(写真 : キャノン砲発射に気合いが入った高橋恭平(C)モデルプレス)

【関連記事】高橋恭平、ピンク髪にイメチェン

◆高橋恭平、迷言炸裂で“恭平ちゃん”ワールド全開

単独初主演映画の舞台挨拶ということで、緊張の面持ちで登場した高橋は「本日は寒い中、お足を運んでいただき本当にありがとうございます。今日はですね、この~…こちら(舞台挨拶)があると知りまして、昨日すごく眠れなかったです。めちゃめちゃこの喋ってる感じで緊張してるのがわかってると思うんですけど、頑張っていけたらなと。楽しんでもらえたら、な、と思います!」とたどたどしく挨拶。

その後も終始緊張した様子だったが、胸キュンシーン連続の本作で「胸キュンさせる、というより胸キュンさせちゃった」「僕がブレザーを着て最強と最強」と自画自賛。高橋のことを「恭平ちゃん」と呼ぶ仲である板垣が、撮影中にも高橋が名言のような胸キュンワードを連発していたことを明かすと、その場で高橋は突然「1より100が好き」「下を見るなら上を見ろ」と次々連発し、「そろそろ恥ずかしくなってきました。前を見れないです…」と照れ笑いを見せ、“恭平ちゃんワールド”全開で舞台挨拶を盛り上げた。

この日の舞台上にはレッドカーペットならぬピンクカーペットが敷かれ、ハートの装飾が埋め尽くされるなど“甘すぎる”仕立てに。さらには、完成を祝してハート型の紙吹雪が飛び出すキャノン砲でド派手に祝砲を放つ演出も。高橋はピンクカーペットを見て「僕にピッタリ。千輝くんにピッタリ」とご満悦だった。

◆高橋恭平主演「なのに、千輝くんが甘すぎる。」

本作は、講談社「月刊デザート」にて連載中、1巻発売直後に異例のスピードで重版がかかり、既刊8巻で230万部を突破した、亜南くじらによる人気コミック『なのに、千輝くんが甘すぎる。』を実写映画化。高橋が主人公・千輝彗、畑がヒロイン・如月真綾を演じ、フレッシュなキャストが集結した胸キュンシーン連続の“女子憧れ度No.1”青春ラブストーリー。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加