ひき肉は忙しいワーママの味方!冷蔵庫の余り食材をフル活用する15分レシピ3選

ひき肉は忙しいワーママの味方!冷蔵庫の余り食材をフル活用する15分レシピ3選

  • たべぷろ
  • 更新日:2020/07/22

必ず冷凍庫にストックしているものはありますか?我が家はひき肉をストックしています。買い物をする時間もない、レシピを検索する時間もない、調味料を計る余裕もない!そんな本当に時間がない時に、火の通りも早くどんな食材とも合うひき肉は大活躍。ひき肉さえあれば、おうちにある余り食材で何か作れるはずです。ひき肉を使って15分で作るレシピを紹介します。

きのこ類が残っていたら、こんがりあんかけ焼きそば!

No image

【材料】(2人分)
きのこ類(しめじ、エリンギ、しいたけ、えのき…など) 両手にのる程度
ひき肉(豚、牛、合い挽きどれでも可) 200g
焼きそば麺 2人分
サラダ油 大さじ1
塩胡椒 少々

A オイスターソース 大さじ2
A 砂糖 小さじ1
A 鶏がらスープの素 小さじ1
A 水 50ml
A 片栗粉 大さじ1

【作り方】
1. フライパンにサラダ油を熱し、焼きそば麺を入れて塩胡椒をする。あまりいじらず焼き色をつけ、器に盛り付けておく。

No image

2. (1)のフライパンにきのこ類を広げ入れ、いじらずに焼き色を付ける。(いじりすぎるとフライパンの温度が下がり、水っぽくなるので注意)

No image

3. ひき肉を加えて崩しながら火が通るまで炒める。
4. Aを加えて汁気をとばし、ちょうどよいとろみになったら(1)にかける。

葉野菜が残っていたら、肉みそ炒め!

No image

【材料】(2人分)
キャベツ 1/6玉
ひき肉(牛、豚、合い挽きどれでも可) 200g
にんにく(みじん切り) 1かけ分
サラダ油 大さじ1

みりん 大さじ1
醤油 大さじ1/2
味噌 大さじ1

【作り方】
1.キャベツは食べやすい大きさにざく切りする。
2.フライパンにサラダ油を熱し、油が馴染んで色が鮮やかになるまでキャベツを炒め、器に盛り付けておく。
3.(2)のフライパンににんにくを加え、香りが出るまで炒める。
4.ひき肉を加え、崩しながら色が変わるまで炒める。
5.みりん・醤油・味噌を加えて全体が馴染んだら、キャベツの上にかける。

ひき肉と一緒に、ごぼうや長ねぎなどの野菜をみじん切りにして加えても美味しいです。栄養価もアップするので、冷蔵庫の余り野菜をぜひたくさん混ぜ込んでみてください。

根菜類が残っていたら、グラタン!

No image

【材料】2~3人分
にんじん 1/2本
じゃがいも 大1個
玉ねぎ 1/2個
ひき肉(牛、豚、合い挽きどれでも可) 200g
塩、胡椒 少々
ホワイトソース 1缶
牛乳 200ml
ピザ用チーズ 適量
パン粉 適量

【作り方】
1.オーブンを250℃に予熱する。
2.にんじんは拍子切り、じゃがいもは一口大に切り、玉ねぎは薄切りにする。
3.フライパンに(2)とひき肉を加えて中火で炒めて火を通し、塩胡椒をする。
4.ホワイトソースと牛乳を加え、全体が馴染んだら耐熱容器に移す。
5.ピザ用チーズ、パン粉をふりかけ、オーブンで焦げ目がつくまで加熱する。

火の通りが早いひき肉はワーママの味方

火の通りが早いひき肉は、忙しいワ―ママの味方食材。調味料も馴染みやすいので下味をつけておく必要がないのも嬉しいポイントです。また、用途に合わせて崩し具合を調整できるのも便利です。

あんかけ焼きそばの具として使う場合は、少し粗めに崩してゴロゴロとした食感を残せば肉の存在感を出すことができますし、肉みそのように使う場合は調味料とよくなじませてソースのような感覚で使うと良いと思います。ひき肉ひとつあれば、さまざまな楽しみ方ができるのでおすすめです!

余り野菜をたっぷり盛り込み栄養満点に!

どんな食材とも合わせやすいのもひき肉の魅力。冷蔵庫の余り食材を盛り込みやすいので、栄養価も高めやすく、フードロスも防げます。ぜひさまざまな食材を入れてアレンジしてみてください!

暮らしと食事の研究家 apricot project

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加