狩野氏が阪神の仕掛けの早さを感じた場面は?

狩野氏が阪神の仕掛けの早さを感じた場面は?

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/04/08
No image

MBSラジオで解説を務める狩野恵輔氏

○ 阪神 7 - 1 巨人 ●
<2回戦・甲子園>

MBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された『阪神-巨人戦』で解説を務めた狩野恵輔氏は、阪神の3回のエンドランについて言及した。

0-0の3回先頭の1番・近本光司が四球で出塁すると、続く糸原健斗の初球をライト前に運ぶ。スタートを切っていた一塁走者の近本は、三塁を陥れた。

狩野氏は「まさか初球からとは思わなかったですね。これが今年の矢野監督の仕掛けの早さというか、勝負どころで動ける感じですよね」と話した。

3番・マルテの打席中に一塁走者・糸原がスタートをきると、捕手・大城卓三が二塁へ悪送球。その間に三塁走者・近本が先制のホームを踏んだ。

(提供=MBSベースボールパーク)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加