STU48〝原爆の日〟に広島出身アイドルと平和を願い「花は誰のもの?」をコラボ歌唱

STU48〝原爆の日〟に広島出身アイドルと平和を願い「花は誰のもの?」をコラボ歌唱

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/08/06
No image

広島出身のアイドルたちが「花は誰のもの?」を披露した(東スポWeb)

瀬戸内を拠点に活動するアイドルグループ・STU48が「原爆の日」にあたる6日、東京・TOKYO IDOL FESTIVALで広島県出身のアイドルたちと平和を願うメッセージソング「花は誰のもの?」をコラボ披露した。

STU48の8thシングルとして4月にリリースされた「花は誰のもの?」は、ロシアによるウクライナ侵攻など緊迫感を増す世界情勢のタイミングで、秋元康氏が書き下ろした平和を願うメッセージソングだ。

この日、広島市に原爆が投下されてから77年の「原爆の日」を迎え、広島を拠点の1つとして活動する同グループがステージに登場。メンバーの石田千穂、沖侑果、尾崎世里花、高雄さやか、中村舞、福田朱里、岡田あずみの7人がまずは「夢力」「サングラスデイズ」「ヘタレたちよ」の3曲を披露した。

その後、石田が「今日8月6日は、私たちSTU48が活動拠点の一つとする広島に原爆が投下された日です。『平和』という言葉を、特に忘れてはいけないこの日に、平和を願っているメッセージソング『花は誰のもの?』を、スペシャルゲストの皆さんと、STU48キャプテンの今村美月ちゃんと一緒に歌いたいと思います」と呼びかけると、今村とともに山本杏奈(=LOVE)、矢野美優(愛乙女☆DOLL)、永田詩央里(≠ME)、アイリ(NEMURIORCA)ら他のグループで活動する広島出身メンバーも駆け付けた。

石田は「今日この日を私たちもここにいる皆さんも忘れないために聞いてください」と訴え、広島にゆかりのあるアイドル総勢12人で「花は誰のもの?」を歌唱した。

願いを込めて歌った≠MEの永田は「この歌をきっかけに私自身も皆さんも平和について考えるきっかけになれていたらと思います」と話せば、=LOVEの山本は「STU48さんの楽曲をたくさん聞かせていただいていたので、8月6日という私たち広島県民にとってすごく大切な日に、こうしてアイドルとして歌えたことを本当にうれしく思います」と感謝。

これを受け、STU48の沖は「今披露させていただいた曲は、STU48の8枚目シングルで、この時代のために届ける平和を願うメッセージソングになっています。皆さんの平和を考えるきっかけになればいいなと思っています。みなさんもたくさん聞いていただけたらうれしいです」と呼びかけた。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加