幻想的...紅葉の映えスポット“美人林”に多くの観光客「美しさに没頭できる」【新潟・十日町市】

幻想的...紅葉の映えスポット“美人林”に多くの観光客「美しさに没頭できる」【新潟・十日町市】

  • 新潟ニュースNST
  • 更新日:2023/11/21
No image

NST新潟総合テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

猛暑の影響で遅れていた紅葉も、ようやく各地で見頃を迎えています。新潟県十日町市の「美人林」では、赤・黄・緑の葉が美しい共演を見せています。

【飛田厚史アナウンサー】

「爽やかな秋晴れに恵まれ、美人林は赤いじゅうたん、見上げれば黄色い葉が輝いて見えます」

爽やかな秋晴れとなった11月21日の県内。最高気温は新潟市中央区で14.8℃、長岡市で15.5℃と、11月上旬から中旬並みの気温となりました。

最高気温14.1℃と肌寒い一日となった十日町市。日差しに誘われて、「美人林」には多くの観光客が訪れていました。

空に向かって、まっすぐ生えるブナの美しさから名付けられた美人林。

紅葉の時期は、落ち葉は赤、枝には緑から黄色に色づく葉が見られ、秋ならではの光景を多くの人が写真に納めていました。

【訪れた人(埼玉から)】

「映えスポット。映えました。黄色がきれい」

【訪れた人(富山から)】

「美人になりたいと思って見に来た。引き寄せられて来た」

十日町市観光協会によりますと、美人林の紅葉の見頃は例年11月上旬~中旬ですが、夏から気温の高い日が続いた今年は10日ほど遅れ、今が見頃だということです。

美人林をさらに進むと…清らかな池が出迎え、水面に紅葉が映り、幻想的な表情を見せてくれます。

【訪れた人】

「頭が真っ白になって、きれい・美しさに没頭できる」

そんな中…

【訪れた親子(石川から)】

Q.ドングリは?

「なさそう」

今年は県内でブナの実が凶作となっていて、美人林でもドングリは見られず、女の子も少し寂しそう…

また、十日町市観光協会によりますと、今年は美人林でのクマの目撃情報はないものの、散策の際はクマよけの鈴を身に着けるなど、安全には注意してほしいと呼びかけています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加