尹錫悦大統領候補「親日・反日を分けて国内政治に利用しない」

尹錫悦大統領候補「親日・反日を分けて国内政治に利用しない」

  • 中央日報日本語版
  • 更新日:2021/11/25
No image

最大野党・国民の力の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領候補  イム・ヒョンドン記者

韓国最大野党・国民の力の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領候補が25日、「(大統領になれば)私は国内政治に外交を利用しない」とし「国民を親日と反日に分けて韓日関係を過去に縛っておく過ちを繰り返さない」と述べた。

尹候補はこの日午前、ソウルウェスティン朝鮮ホテルで開かれた「2021コラシアフォーラム」の祝辞で、「フォーラムのテーマは新しい韓日関係だと聞いている。我々と日本は痛みが伴う歴史を経験したため、韓日関係という問題は非常に難しく敏感なものだ」とし「現政権に入って韓日関係が国交正常化以降最悪になったのは、国益を前に出すのではなく外交が国内政治に入ってきたためであり、未来よりも過去に執着したため」と診断した。

続いて「私が次期政権を担うことになれば、不信と冷笑でふさがっている韓日関係を改善し、未来志向的な韓日関係にしようと考える」とし「私はすでに何度か『金大中(キム・デジュン)-小渕2.0時代』を約束した。韓国と日本が共有する自由民主主義と人権の価値は両国がなぜ緊密に協力すべきかを代弁している」と強調した。

尹候補はこれまで公開してきた韓日外交構想に改めて言及し、「韓日米3カ国の安全保障協力が円滑になる時、韓半島(朝鮮半島)と北東アジアの平和も実現する」とし「韓日両国のシャトル外交チャンネルを早期に開こうと考えている」と述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加