ヤクルト2位山野2回0封、石川助言で落ちる系進歩

ヤクルト2位山野2回0封、石川助言で落ちる系進歩

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/21
No image

ヤクルト対楽天 6回表楽天無死、力投する山野(撮影・河田真司)

<練習試合:ヤクルト5-2楽天>◇21日◇ANA BALLPARK浦添

ヤクルトのドラフト2位左腕、山野太一投手(21=東北福祉大)が木沢からバトンを受け継いだ。楽天戦の3番手で5回から登板。2回を2安打1四球で無失点に抑えた。「しっかり自分のフォームで投げられた。あまり緊張するタイプじゃないので楽しく投げられました」と振り返った。

5回、6回といずれも先頭打者に安打を許したが後続を断った。苦手としていた落ちる系の球に進歩も見られた。キャンプ第2クール中に、尊敬する石川からリリースの感覚について教えてもらっていた。「今まで左打者にあまりチェンジアップを使ってこなかった。今日は2人、追い込んでチェンジアップで打ち取れたのが収穫です」とベテランのアドバイスを生かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加