10代の環境活動家グレタ・トゥーンベリの素顔に迫るドキュメンタリー公開決定

10代の環境活動家グレタ・トゥーンベリの素顔に迫るドキュメンタリー公開決定

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/07/22

スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリの素顔に迫ったドキュメンタリー「I Am Greta」が「グレタ ひとりぼっちの挑戦」の邦題で、10月22日より東京・新宿ピカデリーほか全国で公開される。

No image

「グレタ ひとりぼっちの挑戦」ポスタービジュアル

2018年8月、気候変動に対する政府の無関心に抗議するため、たった1人でストックホルムの国会議事堂前に座り込み、学校ストライキを始めた当時15歳のトゥーンベリ。毎週金曜日のこの行動は「Fridays For Future(未来のための金曜日)」と名付けられ、世界中の若者たちに影響を与え、数カ月のうちに国内外へ広がるムーブメントとなった。その後、彼女は2019年に米ニューヨーク国連本部で開かれた気候行動サミットでのスピーチで世界的な注目を集めることになる。

本作は気候問題に関する専門的知識と揺るぎない覚悟を持ち、国連総長やローマ教皇といった人々と議論を重ねるグレタに密着。ほかにも犬や馬と戯れるリラックスした姿やアスペルガー症候群である自身への冷静な分析、彼女を支える家族の姿なども収められた。ネイサン・グロスマンが監督を務めている。

トゥーンベリは公開に寄せて「とにかく私たちが社会に求めているのは、気候変動を危機として捉え、安全な未来を守ってほしいということだけ。映画を観れば、その実現までどれほど遠いのか、“もう時間がない”という科学的なメッセージがまったく伝わっていないということもわかってもらえるはず」とコメントしている。

(c)2020 B-Reel Films AB, All rights reserved.

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加