マイナビ、探究学習のプラットフォーム「TimeTact」を提供するStudy Valleyと資本業務提携

マイナビ、探究学習のプラットフォーム「TimeTact」を提供するStudy Valleyと資本業務提携

  • こどもとIT
  • 更新日:2022/06/23
No image

株式会社マイナビは、探究学習のEdTechプラットフォーム「TimeTact」を提供する株式会社Study Valleyと2022年6月22日に資本業務提携契約を締結したと発表した。

学習指導要領の改訂によって、2022年度から高等学校の「総合的な学習の時間」が「総合的な探究の時間」に変わり、当該必修科目では、課題発見から解決までの能力や主体的な学びを育むことに加え、将来に向けた自己理解やキャリア開発のための探究学習が行なわれる。

しかし教育現場では、探究学習の授業スタイルが確立しておらず、指導方法に悩む学校が少なくない。そこでマイナビは、探究学習で生徒が学ぶべき主体性や実行力、課題設定・解決能力向上の指導をサポートできるよう、高校生向けオンライン学習プログラム「locus(ローカス)」をはじめとした、各種探究学習・表現力サポート・進路指導支援サービスを提供している。

また、Study Valleyが展開する探究学習EdTechプラットフォーム「TimeTact(タイムタクト)」では、探究学習を効率的に進めるツールや教員負荷軽減のための仕組みを提供するとともに、経産省の「STEAM ライブラリー」とも連携し、探究学習コンテンツを多数提供している。

今回の出資によって、両者の強みを活かしながら、教育業界に対する新しい価値の創造およびサービスの提供を目指していく。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加