Apple、鼻腔用綿棒を生産するCOPANを支援〜1,500万個の検査キットを出荷

Apple、鼻腔用綿棒を生産するCOPANを支援〜1,500万個の検査キットを出荷

  • iPhone Mania
  • 更新日:2021/02/22
No image

Appleは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査キットに使用される鼻腔用綿棒を生産するCOPAN Diagnosticsに支援を行い、1,500万個の検査キットを米カリフォルニア州、テキサス州、その他の地域の病院へと出荷した、と発表しました。

Appleの支援により生産量は4,000%増

Appleは、米国内の製造業を支援する「Advanced Manufacturing Fund」から1,000万ドル(約10億5,500万円)を出資し、カリフォルニア州マリエータを拠点とするCOPANのCOVID-19検査キットの生産支援を昨年5月に行ったことを2月22日付けのNewsroomで明らかにしました。

Appleは製造プロセスの改善のため、同社の抱えるエンジニアも派遣したとのことです。Appleの支援により、COPANの生産量は4,000%増加し、新たな生産施設の開設や250人分の新規雇用にもつながったとされています。

Source:AppleviaReuters
(lexi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加