初夏の横浜 2千人歩く 3年ぶりにパレード〈横浜市南区〉

初夏の横浜 2千人歩く 3年ぶりにパレード〈横浜市南区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/05/14

さまざまな団体が初夏の横浜を練り歩く「ザよこはまパレード(国際仮装行列)」が5月3日に行われた。横浜商工会議所などの実行委員会の主催。2020、21年は新型コロナウイルスの影響で中止しており、3年ぶりの開催。コースの山下公園前から伊勢佐木町の約3Kmに約32万人(主催者発表)が集まった。

約50団体の2千人が行進。南区を中心に活動する小学生の団体「横浜市ジュニアマーチングバンドBayWind」は初参加。バトントワリンググループ「ヨコハマチキージャス」と合同での出演で、赤と黒の衣装に身を包んで歩いた。「BayWind」の川端大介代表は「沿道の多くの方からの拍手や笑顔のおかげで元気にパレードできた」と話した。メンバーの伊藤優歌さんは3年前は日枝小金管バンドの一員として参加しており、「久々に多くの人の前で演奏できて楽しかった」と感想を語った。

審査員の投票で決まる各賞では、「スーパーパレード徒歩の部」で鶴見バトンスタジオと参加した関東学院マーチングバンドが「準はまっパレ大賞」を受賞した。

No image

山下公園前を行進する「Bay Wind」のメンバー

タウンニュース南区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加