日本一早い「おせち」16万円台も!小倉井筒屋で予約開始 全国の料亭やホテルの味約260種類 北九州市

日本一早い「おせち」16万円台も!小倉井筒屋で予約開始 全国の料亭やホテルの味約260種類 北九州市

  • テレビ西日本
  • 更新日:2021/09/15
No image

テレビ西日本

秋の声が聞こえたばかりですが、早くも新年を迎える準備です。

北九州市のデパートで「おせち」の予約が始まりました。

色とりどりのおせちがずらり。

北九州市の小倉井筒屋で9月15日、西日本一早い「おせち」の予約が始まりました。

値段は8000円台から高いものは16万円台まで、全国各地の料亭や有名ホテルの自慢の味が約260種類揃えられています。

◆リポーター

「今年もコロナ禍で帰省や外食を控える人が多いことが見込まれ、こちらのようなミニおせちが人気を集めそうです」

ここ数年、いろいろな味を楽しみたいと複数購入する人や、核家族化が進んで少人数で食べる人が増えたため人気となっている「ミニおせち」。

2021年はこうした少人数用の商品を20種類増やし、100種類ほど用意したということです。

また、巣ごもり需要で「せめておせちは豪華に」と、2020年も人気だった6万円以上の高級おせちは16種類揃えました。

◆来店客

「コロナですからね、おいしいものを少なく。見た目も華やかにしたいでしょ」

「お正月だけと思って、日本の伝統のおせちだろうから」

◆井筒屋食品部 光野綾香さん

「このコロナ禍でなかなか家族が大勢で集まるのが難しい時期だとは思いますが、年末年始おうち時間をお過ごしていただければと思います」

おせちの予約は12月14日までで、小倉井筒屋は2020年並みの売り上げを見込んでいます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加