江ノ島「サムエル・コッキング苑」の改修が完了  新施設オープン、回遊促進図る〈茅ヶ崎市〉

江ノ島「サムエル・コッキング苑」の改修が完了 新施設オープン、回遊促進図る〈茅ヶ崎市〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/11/25

藤沢市などが進めてきた江の島サムエル・コッキング苑の改修事業が完了し11月16日、リニューアルオープンした。同市では観光客の回遊や滞在を促し、周辺地域への経済波及効果を狙う。

今回の工事では藤沢市の姉妹都市、長野県松本市の観光PR施設「松本館」を、同市のリンゴを使ったアップルパイなどを販売する専門店に刷新。工区周辺を藤沢の「海」と松本の「山」にちなんで「UMIYAMAPLAZA」と命名し、同館も同市との交流を深める場として名称を「海山堂」と改める。

新設した展示体験施設「海山ギャラリー」(高さ5m、延べ床面積99平方メートル)では植物園にちなんだワークショップや、湘南ゆかりのアーティストによる作品を展示。周辺にはウッドデッキも整備し、ベンチも設けた。

同苑では10月から日中(午前9時〜午後5時)の入場料を無料(午後5時以降は大人500円、子ども250円)に。11月23日からは関東三大イルミネーションに選ばれる「湘南の宝石」が始まった。

エスカーも一新

また江島神社参道と頂上部を結ぶ「江の島エスカー」が新たな装いに。「江の島ルミナスウェイ」と名付けた光と映像が第1区37mのトンネル内を演出。海の中をクラゲやクジラが泳ぎ、夕方や夜など時間に応じて演出が変わる。

No image

記念式典の様子(=16日、江の島)。手前建物が新設の「海山ギャラリー」、奥が松本館を改修した「海山堂」

タウンニュース茅ヶ崎版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加