NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
3歳で身体の95%に火傷を負った25歳女性「心に異常はない」「人と違っていい」と前向きに(米)<動画あり>

3歳で身体の95%に火傷を負った25歳女性「心に異常はない」「人と違っていい」と前向きに(米)<動画あり>

  • Techinsight
  • 更新日:2021/07/22
No image

米オクラホマ州に住むジェナ・ブレンさん(Jenna Bullen、25)は1999年、3歳の時に身体の95%に重度の火傷を負った。「生きているのが奇跡」と言われた事故から22年、ジェナさんはこれまでの人生を振り返り、今のままの自分を受け入れるようになるまでの心の軌跡を語った。『The Petty Show』『truly』などが伝えている。

米オクラホマ州ウォー・エイカーズ在住のジェナ・ブレンさんは1999年5月31日、身体の95%に火傷を負い生死の境をさまよった。その日一家はメモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)を祝う準備をしており、父親はキッチンで皿を洗い、母親は庭の芝刈りをしていた。

当時3歳だったジェナさんは車庫で遊んでおり、ふとしたことから芝刈り機用のガソリン携行缶を倒し、ガソリンが湯沸かし器に引火、ジェナさんは一気に炎に包まれた。

娘を助け出したのは父親で、ジェナさんは近くの病院に緊急搬送されるとそこからさらに火傷の専門病院にヘリで運ばれた。真皮の深い部分まで火傷を負っており、誰もが「あの状態で生き抜くのは無理だろう」と思うほど悲惨な状態だった。

ジェナさんを搬送した救急隊員ウィルソンさんは、当時の様子についてこのように振り返る。

「腫れあがって硬くなったジェナさんの身体は、まるでワックスを塗ったように青白く出血もなかった。救急車の中では人間の肉が燃えた後のようなおぞましい死臭が漂い、臭いは数週間消えることはなかった。」

「救急車にはジェナさんの母親が寄り添い、ずっと娘に話しかけていた。ジェナさんは目が焼けて開くことさえできず、痛みで悲鳴をあげていた。ただ口の中や気道に火傷はなく、心配した心停止も起こさなかった。母親は始終冷静で、私たちは彼女がいてくれたことが救いだった。」

ジェナさんはこの事故で身体の95%に火傷を負い、医師に「生き残る確率は5%」と告げられた。また全ての手足の指、そして皮膚のほとんどを失った。この事故以来ジェナさんは80回以上の手術に耐えてきたが、火傷痕が消えることはなかった。

ジェナさんは「手指や足指があった事故の前の自分のことはあまり覚えていないの」と語るが、火傷後の人生は決して楽ではなかった。人と外見が違うことでいじめられ、ホラー映画『エルム街の悪夢』シリーズに登場する殺人鬼“フレディ・クルーガー”と呼ばれたこともあり、「私は外見は人と違うけど、心に異常はないのよ!」とイライラばかりが募った。また夏休みというと手術が入り、他の子と同じように遊ぶこともできなかった。

ジェナさんは「最もつらかったのは高校生最後の年だった2015年のこと」と語ると、このように続けた。

「1月の手術中に心臓が止まってしまってね。肺の1つが虚脱したの。死を身近に感じた私は手術後にうつ状態に陥り、『自分の人生は何だったのだろう。もしかしたらこのままの状態が一生続くのではないか』と希望を失ったの。あの頃はひとりぼっちだったのよ。」

そんなジェナさんを救ったのは姪っ子だった。同じ年、兄に女の子が誕生したことで約7か月を兄夫婦と過ごしたジェナさんは、姪を我が子のように可愛がった。生命の誕生がジェナさんに生きる喜びを与えた。また家族や、火傷を負ったサバイバーのためのキャンプでできた友人もジェナさんの心の支えとなった。キャンプでは同じ悩みを持つ子供たちのカウンセラーとしても活動するようになり、自分の居場所を見出していった。

おしゃれにも興味を持つようになり、2017年には眉のアートメークであるマイクロブレーディングにトライし、自分に自信がもてるようになった。ジェナさんは「眉を描くことでやっと自分の顔が完成したように感じたの。もっとはやくやっておけばよかったわ」と笑う。

さらに今年5月には、これまでの努力が報われ、心理学の学位を取得して大学を卒業した。「人をインスパイアできれば」と語るジェナさんは将来、「病院でカウンセラーとして働き、自分が経験したようなトラウマで苦しむ人々を助ける仕事をしたい」と明かす。

そんなジェナさんを母親は「私が同じ状況に置かれたら、耐えられたどうか…。ジェナは本当に強い子」と述べ、ジェナさんは「つらいこともあったけど、ここ数年で自分の中に大きな変化があったの」と吐露し、最後にこんな言葉を残した。

「自分はスムーズな肌を持てるわけではないし、外見だって普通とは違う。でもそれを変えることはできないし、今のままでいいんだと思えるようになったの。そう思うことで、自分を愛することを学ぶようになったのよ。それに誰もがみんな同じというのもつまらないでしょう!」

なおジェナさんの動画を見た人たちからは「重度の火傷を負った人をいじめるなんて酷すぎる」「あなたは強くて美しい」「小さなことで文句を言ってる自分が恥ずかしくなった」「あなたは他の人をインスパイアする存在。誇りに思う」「火傷はあなたの全てを奪ったわけではない。あなたに美しい魂を残してくれた」「あなたが耐えてきた痛みを思うとつらい気持ちになる。両親も大変だったと思う。負けないで」「あなたのチャレンジ精神は素晴らしいと思う」といったコメントが届いている。

ちなみに昨年9月には、4歳の時に身体の95%に火傷を負いながらも奇跡的に助かった21歳の男性がメディアのインタビューに応じ、いじめや拒食症に苦しんだ経験を明かした。男性は火傷を負ったサバイバーのためのキャンプに参加して自信を取り戻し、現在はメディカルスクールに通っているという。

https://youtu.be/oaCVdqf3AOg

画像は『Jenna Bullen 2021年4月6日付Facebook、2021年5月4日付Facebook』のスクリーンショット、『The Petty Show 2021年6月23日公開 YouTube「The Tragic Life Story Of Woman Whose Body Is 95% Burnt」』のサムネイル
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加