北マケドニア民話「紙芝居」に 湘南シレーネが制作・寄贈〈茅ヶ崎市〉

北マケドニア民話「紙芝居」に 湘南シレーネが制作・寄贈〈茅ヶ崎市〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/08/05

語りグループ「湘南シレーネ」が7月7日、北マケドニア共和国の駐日大使・ゴランツェコフさんに、北マケドニア民話の紙芝居(日本語版)3作を寄贈した。紙芝居は、民話普及のために発行された英語版の絵本を参照の上、日本語版の朗読台本を制作し、挿絵をつけたもの。今後、同国のさまざまなシーンで活用されるという。

活動のきっかけは、2018年の市民文化祭開会式。出席した当時の臨時代理大使が、茅ヶ崎の工芸造形展や紙芝居『河童徳利』を鑑賞した際に「マケドニアにも民話があるが、紙芝居はない」と話したことを受け、湘南シレーネが文化交流のために紙芝居を作ることになった。

コロナ禍の中、メンバーはオンラインで日本語版台本を制作。挿絵の担当者や装丁デザイナーなどのボランティアとともに紙芝居を仕上げ、今回、3年越しでの寄贈となった。

また、この台本や挿絵をもとに市2020実行委員会が小冊子を制作。冊子は市内図書館や市立小学校図書室で、紙芝居『二人の王様』『黄金のりんご』は市立図書館で借りることができる。湘南シレーネのメンバーは「子どもはもちろん、大人も楽しめる内容なので、ぜひ図書館で手に取って」と語る。

No image

北マケドニア大使館を訪問し、大使に紙芝居を寄贈した「湘南シレーネ」のメンバーら

No image

タウンニュース茅ヶ崎版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加