全国初 JRAが馬券販売しないレース観戦施設を26日にオープン 仙台市中心部の商店街

全国初 JRAが馬券販売しないレース観戦施設を26日にオープン 仙台市中心部の商店街

  • khb東日本放送
  • 更新日:2022/11/25

JRA=日本中央競馬会は、全国で初めてとなる馬券の販売設備の無いレース観戦施設を、26日に仙台市中心部に開設します。25日は内覧会が行われました。

JRAが青葉区のクリスロード商店街に開設するのは、中央競馬のレース観戦施設VIESTAです。

空き店舗の1階を改修し、広さ約380平方メートル、収容人数75人です。約400インチの大型スクリーンが2面あります。

馬券の販売設備を伴わない観戦施設は全国で初めてで、JRAでは若者の来場に期待しています。

JRA清水靖博理事「(施設内でスマートフォンなどを使って)馬券を買うということについて否定はしませんけれども、特段そういったものを目的としてた施設ではない。賭け事をする場所というネガティブなイメージを払拭するための施設と考えております」

有料席と無料席が設けられていて、多くが予約制となっています。

有料席では、2人用ボックス席は2人で1000円、4人用は4人で2000円です。

26日と27日の予約は既に埋まっています。

「VIESTA」はあす午前11時オープンです。

khb東日本放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加