お辞儀の角度は45度、お酌はビンのラベルを上に...無意味な「謎マナー」が日本でなくならない理由

お辞儀の角度は45度、お酌はビンのラベルを上に...無意味な「謎マナー」が日本でなくならない理由

  • mi-mollet(ミモレ)
  • 更新日:2022/05/14

新年度が始まると、毎年のように新入社員の「非常識な行動」が話題となります。しかし、この議論は何十年も前から続いていることで、今、新人を非常識だと批判している中高年世代は、自身が新人の時は、上司からさんざん非常識だと批判されていました。毎年、同じ事の繰り返しをしているだけなのですが、この連鎖を断ち切るのは難しいようです。

今の若者が非常識なのかはともかく、新入社員に対しては、ビジネスマナー講習などが行われたりすることもしばしばですが、ここで登場してくるのが意味不明のマナー、いわゆる「謎マナー」です。

No image

写真:Shutterstock

お辞儀の角度は45度にする、ビールを注ぐ時はラベルを上にする、リモート会議を終了する時には相手が切るまで頭を下げ続ける、ハンコを押す時には隣の上司にお辞儀をしているように傾けて押す、名刺を渡す時は相手より下の位置で渡すなどなど、ネットを検索すると、謎マナーの例がこれでもかというくらい、たくさん出てきます。

謎マナーとして取り上げられているのは、たいていは非合理的で、普通に考えればバカバカしいものばかりですが、現実問題としてこのマナーを強要する人や会社はたくさん存在します。

意味のないマナーを強要することは、社会を非効率にするだけですから、可能な限りなくした方がよいと思いますが、個別の謎マナーについて議論しているだけでは限界があります。一連の習慣をなくし、社会をオープンで風通しのよいものにするためには、なぜ、謎マナーが存在しているのかという、本質的な部分に目を向ける必要があるでしょう。

実は、巷で強要されている謎マナーにはあるひとつの特徴が見られます。それは、上下関係が伴うという点です。

ビジネスマナーというのは、ビジネスにおける人間関係で必要とされるものですから、相手が上司の場合もあれば、対等なパートナーの場合もあります。例えば、「他人が主催するパーティに行く時には、指定の時間より前には行かない」というのは、おそらく万国共通のマナーといってよいでしょう。

相手はパーティの準備をギリギリまでしているはずであり、その最中に顔を出すことは、相手にとって迷惑になりますし、せっかくの晴れの場であるパーティの演出がダメになってしまいます。これは相手が誰であっても同じことですから、立場は関係ありません。

ところが日本では、こうした対等な人間関係でのマナーについてはうるさく言われず、一方で、上下関係を示す場面でのマナーについては異常なまでに厳しく指摘されます。先ほどのお辞儀の角度やビールのお酌、名刺の位置、リモート会議はすべて、エラい人に対する行動を厳しく制限する内容です。

No image

写真:Shutterstock

つまり日本において「マナー」と呼ばれるものは、本当の意味でのビジネスマナーではなく、どちらが上でどちらが下なのかを示す身分社会的な行為と考えた方がよいでしょう。

上下関係を過剰に意識し、それを常に明示的に示す必要があるという社会的要請が、謎マナーの正体だと筆者は考えます。もし、そうであれば、仮のひとつの謎マナーをやめたとしても、次の謎マナーがすぐに登場して来ることは容易に想像できます。なぜなら、社会を構成する一定割合の人が、上下関係の誇示を強く求めており、それがビジネスマナーという形で具現化しているからです。

謎マナーを本気で撲滅したいと思うのであれば、「下の人は上の人に媚びへつらわなければならない」という風習そのものを断ち切る必要があるでしょう。そして、会社の上司というのは、あくまでも機能として指示を出せるだけであり、全人格的にエラいというわけではない、という近代的価値観を社会全体で共有する必要があります。

会社で高い立場にある人の意識改革が必要なのはもちろんですが、下の人たちの意識も変えなければなりません。実は、マナーを押しつけられている側の人たちの中にも、自分だけが、そうした謎マナーをフル活用して、上司に取り入りたいと考える人が一定数、存在しているからです。

会社というのは仕事をする場所であり、ビジネスパーソンは仕事での成果が強く求められます。マナーについても、本来はその延長線上に存在すべきものであり、成果を上げるという視点でのマナーならば、強く求められてもよいはずです。

上司は、お酌やお辞儀の角度についてうるさく言うのではなく、事前に報告もなく締め切り日になってから「まだ資料ができていません」と言ってくる部下に対しては、マナー違反であると厳しく注意すべきでしょう。同様に、取引先とのアポイント設定において、先方に「いつでもいいです」と言っておきながら、相手が「では〇月〇日はいかがですが」と返してくると、「ちょっとその日は……」などと返答している社員がいたら、それもマナー違反ですから、すぐに改善させるべきだと考えます。

No image

前回記事「ウクライナ侵攻で世界的な食糧危機に...“輸入頼り”な日本への影響は」はこちら>>

加谷 珪一

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加