【推しの子】東京・宮崎の聖地まとめ!なぜ高千穂が舞台なのか......伏線や謎を徹底考察

【推しの子】東京・宮崎の聖地まとめ!なぜ高千穂が舞台なのか......伏線や謎を徹底考察

  • ciatr
  • 更新日:2023/05/26

アニメが放送され人気絶好調の「推しの子」。人気アニメにつきものなのが、聖地巡礼ではないでしょうか?「推しの子」の聖地といえば、宮崎の高千穂と東京です。東京はともかく、なぜ高千穂が舞台なのでしょうか。

本記事では、「推しの子」の聖地である宮崎と東京が作中に出てくるシーンを紹介します!高千穂が舞台になった理由の考察するので、チェックしてください。

※この記事は『【推しの子】』の重要なネタバレを含みます。

宮崎県・高千穂が舞台になっているシーンまとめ

宮崎県高千穂が舞台になっている話は、作中でも重要な話が多いです。高千穂は「推しの子」のなかでもかなり重要な場所ですね。

ここでは、そんな重要な場所である宮崎県高千穂が舞台になっているシーンを紹介します。

アイが出産のため訪れた病院

No image

星野アイが出産のために訪れた病院は宮崎県高千穂にあります。アイは極秘で出産するために、田舎の人目のつかない病院を選びました。この病院に勤めていたのが、星野アクアの前世の人物であるゴローです。

ゴローはアイの担当医になり、出産予定日までアイを診察しました。

ゴロー(アクアの前世)が殺される

No image

ゴローが殺害された場所も宮崎県高千穂です。

ゴローが病院から帰る途中、不審な男に話しかけられます。男は関係者しか知り得ないアイの情報を知っていたため、不審に思ったゴローが質問しました。

しかし、男は逃亡。ゴローは男を探しますが、その隙に男に崖から突き落とされて殺害されてしまうのです。

さりな(ルビーの前世)が生まれ育ち、闘病の末死亡

星野ルビーの前世である天童寺さりなも宮崎県高千穂で生まれ育ち、ゴローが勤めていた病院で闘病の末亡くなりました。

さりなはゴローにアイを布教し、ゴローの運命を変えたひとりです。退形成性星細胞腫という病気でわずか12歳でさりなは命を落としますが、ゴローのことが大好きで入院していた頃から「結婚して!」と求愛していました。

B小町のPV撮影

No image

B小町のメンバーであるルビーと有馬かな、MEMちょは、アクアと黒川あかねと一緒に宮崎県高千穂にPVの撮影に訪れました。PVは宮崎県高千穂の自然の中で撮影します。

この旅行では、ゴローと両親の関係が明らかになるほか、ゴローの遺体が発見されるなど作中でも重要なことが起きました。

なぜMEMちょは高千穂を紹介したのか

No image

PV撮影の場所が高千穂に決まったのは、MEMちょの友人が高千穂でデザイン会社をやっているのがきっかけでした。

しかし、MEMちょなら東京でPV撮影をしてくれる友人がいそうですよね。MEMちょはアクアとルビーの故郷が高千穂とは知らなかったようですが、あまりに出来すぎています。もしかしたら、MEMちょは何か知っていて高千穂を選んだのかもしれません。

ルビーの闇堕ち

No image

PV撮影ではルビーが謎の少女に誘導されて、ゴローの遺体を発見しました。

生まれ変わってもゴローに好意を寄せているルビーは、ゴローが殺されていることにショックを受けます。しかし、謎の少女からゴローとアイの殺害には、黒幕がいることを聞きました。

ルビーはこのことをきっかけに、黒幕を見つけ出して復讐することを誓い闇堕ちします。

なぜ高千穂が選ばれた?

No image

「推しの子」作者である赤坂アカと横槍メンゴは、出身地も宮崎県ではなく高千穂ともゆかりがなさそうです。それでは、なぜ高千穂が舞台に選ばれたのでしょうか。

ここでは、なぜ「推しの子」では高千穂が舞台に選ばれたのか考察していきます!

高千穂は芸能の神様が祀られている

宮崎県高千穂にある「荒立神社」で祀られている神様、天鈿女命(アメノウズメノミコト)は芸能の神様として有名です。そのため、芸能界を描く「推しの子」にピッタリというのもあり、高千穂を舞台にしたのかもしれません。

作中では、実際にPV撮影が終わった後、みんなで荒立神社にお参りしている姿が描かれていました。

天鈿女命と謎の少女

75話に登場しルビーを闇堕ちさせた謎の少女は、子どもにも関わらず十年以上も前に起きたゴローの殺害事件の詳細を知っていました。このことから、謎の少女は人間ではないのかもしれません。

そう考えると思いつくのが、日本芸能の祖神である天鈿女命です。しかし、謎の少女は「神様はきっと優しいよね」と言っていたことから、神様自身ではないのでしょう。もしかしたら、天鈿女命の使いなのかもしれません。

転生に関係している?

作中では天岩戸が高千穂にあると語られました。天岩戸はアマテラスが引きこもった洞窟です。アマテラスが天岩戸に引きこもった一連の神話は、太陽が消えて再び復活したことから「死と再生」を象徴していると言われています。

天岩戸がある高千穂で死を迎えたゴローとさりなは、アクアとルビーに転生というかたちで再生したのかもしれませんね。そう考えると、高千穂は転生に関係している場所なのかもしれません。

聖地まとめ:東京編

「推しの子」では、宮崎以外にも芸能活動の中心地である東京に聖地がいっぱいあります。

ここでは、「推しの子」の東京の聖地を一挙にご紹介!該当のアニメ話数や原作の話数も紹介するので、実際にアニメや原作と聖地を見比べてみてくださいね。

推しの子の聖地が名古屋にもある?

アニメの作中に登場人物が持つスマホの画面に「名古屋」の文字が......。

しかし、作中に名古屋が舞台になるような描写はなく、2023年5月時点では出てきません。

今後「名古屋」が舞台になる伏線かもしれませんね!

【推しの子】の聖地を紹介しました!

本記事では、「推しの子」の聖地である宮崎と東京が作中に出てくるシーンを紹介しました!

芸能活動の中心地である東京と、芸能の神がいる高千穂が聖地の「推しの子」。アニメも人気なので、聖地巡礼に出る人が多そうですね。ぜひ、本記事を参考にして聖地巡礼をしてみてください。

ciatr編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加