西武、育成出身ルーキー滝沢の大活躍で逆転勝ち 7回に同点三塁打でプロ初打点 暴投で勝ち越しのホームイン

西武、育成出身ルーキー滝沢の大活躍で逆転勝ち 7回に同点三塁打でプロ初打点 暴投で勝ち越しのホームイン

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2022/05/14
No image

◆西武5-4楽天(14日、ベルーナドーム)

西武が育成出身ルーキーの滝沢が大活躍し、鮮やかな逆転勝ちで2連勝とした。

西武は1点を先制された直後の2回に中村が2戦連発となる同点の4号ソロ。歴代14位の通算本塁打を446本に伸ばしたが、先発の佐藤が踏ん張れずに再びリードを許し、5回4失点で降板した。

6回まで楽天早川に1点に抑えられた打線は、7回に救援陣を攻略。栗山と愛斗の連打で1死一、三塁として2番手ブセニッツを降板に追い込み、2死後に川越が3番手安楽から左前適時打を放って2点差に追い上げた。

さらに支配下登録から2試合連続でスタメン起用された滝沢が安楽の直球を右中間に運ぶ同点の2点三塁打。殊勲のプロ初打点を挙げた。続く外崎の打席では、安楽の暴投で勝ち越しのホームを踏んだ。

西武は6回以降、救援の4投手が無失点リレー。7回の1イニングを抑えた森脇が今季初勝利、9回を締めた増田が今季9セーブ目を挙げた。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加