人気女優CMギャラリスト 長澤まさみ・新垣結衣は2000万円増、松嶋菜々子はダウン

人気女優CMギャラリスト 長澤まさみ・新垣結衣は2000万円増、松嶋菜々子はダウン

  • NEWSポストセブン
  • 更新日:2022/08/06
No image

(左から)長澤まさみ、新垣結衣のCMギャラは?(時事通信フォト)

タレントの人気は日々変わるもの。“商品価値”が如実に表われるのが日々動く「CM出演料」である。『週刊ポスト』は大手広告代理店がCM交渉のために作成した「ギャラリスト」の最新版を入手した。憧れの人気女優たちは1本のCMでどのくらいギャラをもらっているのか。

【一覧リスト】1位は吉永小百合、大坂なおみ、渋野日向子で1億円超 2022年女性タレント「CMギャラリスト」(総勢88名)

まず“頂点”に君臨するのが「1億円~」という吉永小百合(77才)。吉永は『週刊ポスト』が同様のリストを2年前(2020年10月30日号)に入手した際、すでに1億円だった。

このすぐ下に位置しているのが宮沢りえ(49)、長澤まさみ(35)、新垣結衣(34)の3人。8000万~9000万円で並んだ。長澤・新垣はともに2016年の調査より2000万円増。その下に松嶋菜々子(48)、米倉涼子(47)、綾瀬はるか(37)、有村架純(29)らが並ぶ。上がる者あれば、下がる者あり──近年は露出が少ない松嶋は2000万円ダウンとなった。

高額なギャラが設定された女優に共通するのは、「バラエティ番組への出演が少ないこと」だ。

「バラエティ番組への出演は“諸刃の剣”と言えます。より多くの層に知名度が高まる点ではプラスですが、『あの女優がこのCMに出ている』という驚きが少なくなる。

8年ほど前に、『あまちゃん』出演後の有村架純さんが生理用品のCMに出演して“業界がざわついた”ことがありました。それは清純派でまさに売り出し中だった彼女を『よく起用できたな』という驚きです。そういうギャップが“商品価値”になるため、映画しか出演されないような女優さんはCM出演の価値が高くなりやすい」(同前)

※週刊ポスト2022年8月19・26日号

NEWSポストセブン

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加