日本ハム・新庄ビッグボス、支配下登録全員1軍起用の公約実現へ 五十幡亮汰が合流、23日先発へ

日本ハム・新庄ビッグボス、支配下登録全員1軍起用の公約実現へ 五十幡亮汰が合流、23日先発へ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/09/23
No image

日本ハム・五十幡亮汰

日本ハムは22日、宮城・楽天生命パークで全体練習を行った。4月に腰の手術を受けて離脱していた五十幡亮汰外野手(23)がチームに合流。新庄剛志監督(50)は23日の楽天戦に「2番・中堅」での先発起用を明言した。

これにより昨オフに掲げた今季の支配下登録全68選手(故障者を除く)を1軍で起用するという公約が実現する見通しとなった。4月に経皮的内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術を受けた五十幡だったが、残り7試合にして、支配下野手の34番目の〝トリ〟で1軍合流を果たした。

ビッグボスは監督就任直後の昨年11月に自身のツイッターで「僕と一緒に戦って行く選手全員を1回は、あの大歓声の1軍のグランドに立たせる事をここで約束します」(原文ママ)と宣言。50メートルを5秒6で走る五十幡には「けがのことは気にせず思い切りやって」とエールを送った。

今季1軍出場がない投手はリハビリ中のガントとD1位・達(天理高)、5位・畔柳(中京大中京高)、7位・松浦(大阪桐蔭高)だが、新庄監督は25日の楽天戦(札幌ドーム)で新人3投手を起用することも明かした。すでに最下位が確定し、来季を見据える戦いの中で新戦力に経験を積ませる。(箭内桃子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加