井桁弘恵×武田真治が“地味な田舎女子”と“ドラァグクィーン”に 新ドラマ『自由な女神』、3月スタート

井桁弘恵×武田真治が“地味な田舎女子”と“ドラァグクィーン”に 新ドラマ『自由な女神』、3月スタート

  • クランクイン!
  • 更新日:2023/01/25
No image

ドラマ『自由な女神ーバックステージ・イン・ニューヨークー』場面写真 <画像をもっとみる>

井桁弘恵が主演を務め、武田真治が共演するドラマ『自由な女神 ―バックステージ・イン・ニューヨーク―』が、東海テレビ・フジテレビ系にて3月4日より毎週土曜23時40分に放送されることが決まった。

【写真】井桁弘恵&武田真治の2ショット公開

本作は、オーツカヒロキによるコミック『バックステージ・イン・ニューヨーク』(forcs刊)を、ニューヨークから東京に舞台を移してドラマ化。空気読み過ぎのさえない女子が、伝説のドラァグクイーンと出会ったことをきっかけに、自分を解放してファッションデザイナーとして評価されるまでの成長を描く上京物語だ。

とある地方都市。地元の工務店で働くサチは、幼い頃母を病気で亡くし、保守的な父・幸平と二人暮らしをしている。父親の影響で無意識のうちに本来の自分を封印しているサチは、洋服を作るのが趣味だが、それを仕事にする才能は自分にはないと思い込んでいた。

そんなサチの前に突然現れたのは、超ド派手なメイクと衣裳をまとったドラァグクイーンのクールミント。ショーで使う服を探していると言う。「地味な格好しかしないのに、作る服は派手なのね、好きなものを着ないの?」「中途半端っていうか、誰のためでもない服って感じがするわ」――この言葉を受けた瞬間から、サチの人生は180度真逆に動き始める。

上京しデザイナーとして奮闘するサチは、やがて認められ、東京ガールズコレクションに招待されることに。私生活では、訳ありルームメイトのケンと恋に落ちかけた矢先、幼なじみの篤志も加わり、三角関係が勃発。さらに、クールミントの宿敵であるドラァグクイーン・マカロンが嫉妬から繰り出す様々な謀略なども加わって、物語は予測不可能な方向へ転がり始める。

サチを演じるのは、2022年上半期にブレイクした女性タレントランキングで2位を獲得し、女優のほかモデルやMCなど多方面で活躍する井桁弘恵。自分を解放してファッションデザイナーとして成長していく姿を、振り幅広く演じ分ける。クールミント役は、鍛え上げた肉体を持つ武田真治。本作のためにダンスレッスンを重ねた武田が、髪も金髪に染めて全身全霊でドラァグクイーンを体現する。

井桁は、本作について「とにかく登場人物の人間味が豊かな作品」とコメント。そして「私自身、福岡から東京に出てきたのですが、福岡に居た時は、『人生でこれをやりたい!』といった具体的な夢はあまり持っていなかったんですね。人から導かれるままに、周りの人の助言などに支えられながら今に至っていまして…。まさに私は、自分のリアルな人生でも、このドラマのクールミントさんみたいな人たちとの出会いに恵まれて、今の、この女優のお仕事ができていると思っています」と、自身をヒロインと重ね合わせた。

一方、武田は自身が演じるクールミントを「都会で生きる人にとっての『自由の象徴』みたいなキャラクター」と評し、「僕自身も、1990年に北海道から東京へ出てきたのですが、このドラマでサチがクールミントから受けたような衝撃を僕も『東京』から受けました。東京はやっぱり特別なインパクトの強い街でした。実際に、ドラァグクイーン的な“夜の街の人たち”とも出会い仲良くさせていただき、その時の経験や学びが、今回の役を演じさせてもらえていることにつながっているのかな、とも思っています」と語っている。

土ドラ『自由な女神 ―バックステージ・イン・ニューヨーク―』は、東海テレビ・フジテレビ系にて3月4日より毎週土曜23時40分放送(全4話)。

※キャスト、プロデューサーコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■井桁弘恵(渡辺幸/サチ役)

とにかく登場人物の人間味が豊かな作品なんです。台本を読んで私自身、サチに共感するところがとてもたくさんあり、「早く演じたい!」と思う気持ちが抑えられませんでした。

サチはお洋服を作るのが大好きで、優れたセンスや技術も持っているのですが、それを「自分の仕事にする」という発想が持てないまま、田舎の町で悶々と暮らしている、という女の子です。そのサチが、武田さんが演じるクールミントさんに出会うことでどう成長していくのか、というのがこのドラマの大きな見どころです。

サチを演じるにあたって「洋服を作るのがうまい女の子」という設定だったので、まず裁縫の練習やデザイン画を描く練習もさせていただきました。そうしたレッスンをすることで、お洋服を作るっていうのは、こんなに工程があって、こんなに大変なんだな、ということを今回すごく思い知りました。

このドラマは、サチが、クールミントさんをはじめ、いろいろな人と出会うことによって、自分の性格を見つめ直し、「自分の将来」を考え直して、少しずつ前に進んでいく過程を見ていただける作品だと思います。

私自身、福岡から東京に出てきたのですが、福岡に居た時は、「人生でこれをやりたい!」といった具体的な夢はあまり持っていなかったんですね。人から導かれるままに、周りの人の助言などに支えられながら今に至っていまして…。まさに私は、自分のリアルな人生でも、このドラマのクールミントさんみたいな人たちとの出会いに恵まれて、今の、この女優のお仕事ができていると思っています。

観てくださる方全員に、人生で何か新しく一歩を踏み出す時のチカラを与えられるような、そんな作品になっていると思っています。ぜひともたくさんの方に観ていただきたいです。よろしくお願いします!

■武田真治(成田透/クールミント役)

オファーをいただいて、原作のコミックをすぐに入手して読んだのですが、「なんて温かい、そして前向きになれる物語なんだろう」と思いました。ただ、まさかドラァグクイーン役が割り当てられるとは思っていなかったので、ちょっと驚きました(笑)。

僕が演じるクールミントは、都会で生きる人にとっての「自由の象徴」みたいなキャラクターです。そのクールミントが、自分らしさを表現するのに必要な存在が「サチ」であり、彼女が作る服であったりします。サチはクールミントからあれこれ無茶ブリをされることでデザイナーとしても人としても、成長していきますし、クールミントもまたサチの力を借りて夢を体現していきます。絶妙に面白い間柄なんです。

僕自身も、1990 年に北海道から東京へ出てきたのですが、このドラマでサチがクールミントから受けたような衝撃を僕も「東京」から受けました。東京はやっぱり特別なインパクトの強い街でした。実際に、ドラァグクイーン的な“夜の街の人たち”とも出会い仲良くさせていただき、その時の経験や学びが、今回の役を演じさせてもらえていることにつながっているのかな、とも思っています。

この物語は、サチのように、若いのに勝手に人生をあきらめちゃった人や、愛する人を失ったりすることで人生が止まってしまっている人、そして自分の人生が思い描いていたものと違うことを知って、心にぽっかり穴が開いてしまった人など、いろいろ「心に傷を負った」登場人物が支えあいながら、自らの手で再生にむけて動き出していく…という、とても素敵な物語です。

若い人に刺さる場面がいっぱい出てくると思いますが、50歳になる僕のような年代の方の琴線に触れることもたくさん詰まっています。本当に幅広い年代の方々にお楽しみいただける作品になると思います。

■後藤勝利(プロデューサー)

「唯一のルールは、ルールが無い事」 「美しさとは、自分とありたい自分が調和していること」。ヨシダナギさんの写真集「DRAG QUEEN -No Light, No Queen-」の中で、ドラァグクイーンの方が自分たちについて語っている言葉です。今回はそんなドラァグクイーン・クールミントに出逢った事で、鉢の中の金魚のような人生を生きてきたサチが、大海原に乗り出していく様をポップに小気味よく描いていきます。

サチ役の井桁さんは、「お耳に合いましたら」というドラマでの、等身大のお芝居がナチュラルでステキだなと思っていたのと、バラエティ番組で時折垣間見える、我の強さ?…失礼。芯の強さが、ミントに出逢ったサチが自我を解放させていく様を演じていただく上で、ピッタリだなと思いキャスティングさせていただきました。

クールミント役の武田さんは、その唯一無二の美しすぎるビジュアルはもちろんの事、著書『上には上がいる。中には自分しかいない』の取材で語られていた挫折と絶望、そこで培われた人生観が印象的で、求道者のような武田さんご自身の生き様が、ミントに重なりキャスティングさせていただきました。

とある調査によると、「新型コロナウイルスに感染したら、健康の不安より、近所や職場など世間の目の方が心配だ」という問いかけに“あてはまる”と答えた人が、東京23区+政令指定市で60%を超え、地方都市では72%にも達したそうです。そんな今という時代だからこそ、このドラマが視聴者に刺さると確信しています。

サチの作るドレスや、ミントのショー、胸キュン三角関係…など見所満載で、55分を駆け抜けます!見ると、自然と勇気が湧いてくる、上京物語。ご期待ください。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加