【中山記念】トーセンスーリヤ、爪不安から復帰初戦は得意舞台!小野師「条件いい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/23

昨年の新潟大賞典の覇者トーセンスーリヤは中山記念が今年初戦になる。昨夏の札幌記念6着後に爪の不安を発症。充実の5歳秋を棒に振った。

小野師は「1週前追いの動きは良かったが普通の休養とは違うからね。競馬に行ってどう出るか」と慎重。ただ、中山芝1800メートルは【2・1・1・2】の得意舞台。師は「条件はいいね。まだ伸びしろはあると思っているし先につながるレースを」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加