<最愛>吉高由里子“梨央”「あなたが...あの人を?」過去を知る“疑わしき人物”が捜査線上に浮上

<最愛>吉高由里子“梨央”「あなたが...あの人を?」過去を知る“疑わしき人物”が捜査線上に浮上

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2021/11/25
No image

吉高由里子“梨央”の前に過去を知る人物が現れる (C)TBS

吉高由里子が主演を務める金曜ドラマ「最愛」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の第7話が、11月26日(金)に放送される。

【写真を見る】暗い表情で扉を見つめる松下洸平“大輝”

同作は、金曜ドラマ「アンナチュラル」(2018年、TBS系)や「MIU404」(2020年、TBS系)を生み出してきたプロデューサー・新井順子氏と演出・塚原あゆ子氏、そして2人とは金曜ドラマ「夜行観覧車」(2013年、TBS系)、「リバース」(2017年、TBS系)でタッグを組んだ脚本家の奥寺佐渡子氏と清水友佳子氏が手掛ける完全オリジナルドラマ。

殺人事件の重要参考人となった実業家・梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事・大輝(松下洸平)、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬(井浦新)の3人を中心に15年前の失踪事件から現在の連続殺人事件へとつながる謎に迫る、サスペンスラブストーリーだ。

同ドラマには、梨央が代表取締役を務める「真田ウェルネス」の専務で、梨央とは対立関係にある後藤信介を演じる及川光博や、“情報屋”として素性を隠して生きてきた梨央の弟・朝宮優を演じる高橋文哉、大輝とコンビを組み、殺人事件を追う刑事・桑田仁美を演じる佐久間由衣らも出演している。

また、梨央の父・朝宮達雄を光石研が演じる他、薬師丸ひろ子、津田健次郎、田中みな実など個性豊かな面々がストーリーを盛り上げる。

11月19日に放送された第6話は真田グループの“番犬”加瀬の大きな愛を感じる回だった。「優は戻ってこないのではないか」と心配する梨央のため、加瀬が“あらゆる手段”を使って動き回る姿にSNS上では大きな反響を呼んだ。

そんな中、最も衝撃的だったのは、真田グループの闇を執拗に追いかけるフリーライター・しおり(田中)が康介(朝井大智)による暴力事件の被害者であることが判明したことだ。

朝宮きょうだいを救った、“番犬”加瀬

警察に連行された優に加瀬が優しい声で「本当に君がやったの?」と尋ねると、優は15年前の事件だけでなく昭(酒向芳)の殺害も自らがやったことだと告げる。また、公園で昭と争った時の様子がイヤホン型カメラに記録されていることを聞き出し、その動画データの解析も同時に進めていた。

加瀬は連日行われる優の事情聴取に付き添い、不安でおびえる梨央を献身的に支えた。その結果、優が池に突き落とした後も昭が生きていたことが判明し、優は不起訴となる。

警察署から出てきた優の元に駆け寄って抱きしめる梨央。加瀬は、そんな二人ごと抱きしめた。終始冷静に対応し続けてきた加瀬が見せる安堵の表情に「世界一優しいハグ…」「加瀬さん一家に一人ください」などの声が上がる中、「なんでここまで真田家に尽くすんだろう…」「加瀬さんと梨央ってきょうだいではないよね?」と予想する声も上がっている。

しおりの“最愛”が事件のキーに?

また、フリーライター・しおりが康介による暴力事件の被害者であることが明らかになった。15年前の事件によって人生が一変し、大学を休学していたしおり。そんなしおりにとって、「真田ウェルネス」の代表取締役に就任し、世界から注目を集める実業家となった梨央は嫉妬の対象なのかもしれない。

今作のテーマは“愛”。登場人物それぞれが自分の愛するもののために生きているが、しおりの愛するものはいまだに明かされていない。しおりが命を懸けて守りたい“最愛”が事件のキーになりそうだ。

15年ぶりのハグに込めた思い

さらに、警察の立場から梨央のために動いた大輝。加瀬から「本来であれば警察は被害者側に立つべきだが、彼は被疑者側(優)に同情し過ぎている」と聞いた梨央は大輝に連絡を入れる。

「もう会わんようにする。大ちゃんの立場が悪くなってまったら、私も嫌やもん」と伝え、去ろうとする梨央に「勝手に決めんな!」と叫ぶ大輝。15年前も大輝に相談することなく姿を消した梨央に、強い思いをぶつけた。

第6話にして15年ぶりに梨央を抱き締めた大輝。その手は梨央の服に食い込むほど力強く、大輝の熱い思いがこちらにも痛いほど伝わってくるシーンだった。切なすぎる二人のハグに「胸が締め付けられる…」「主題歌の歌詞が刺さる」「最愛ワールドに引き込まれるシーンだった」などの声が集まっている。

“疑わしき人物”が捜査線上に浮上!第7話あらすじ

第7話は――

梨央(吉高)の前に現れたしおり(田中)は、真田グループの不正について追及する。話が見えない梨央はその場を去るが、しおりが自分や優(高橋)のことを昔から知っていたような口ぶりに違和感を抱く。

加瀬(井浦)の尽力によって昭(酒向)の死には関与していないことが証明された優は、梨央と一緒に暮らすことに。さらに、加瀬の言葉で前向きに生きることを考えるようになり、新薬の治験を受ける決意をする。

一方、大輝(松下)と桑田(佐久間)は、15年前の事件の捜査から関係者として浮上したしおりと接触。15年前のある恨みが昭殺害事件につながった可能性があることをつかむが、しおりには事件当夜のアリバイがあった。

さらに、しおりは「真田ウェルネス」が経営する老人ホームに出入りし、真田グループの不正を執拗に追う。そんな彼女に対し、後藤(及川)は再び取材をやめさせようとする。

――という物語が描かれる。

公式ホームページなどで見ることができる予告動画は、“よみがえる悪夢”というテロップとともに、しおりが「私のこと覚えてませんか?」と問いかけるシーンからスタート。

また、“次々現れる疑わしき人”の文字とともに、大輝が「一人気になる人物が」と話しながら資料を取り出すシーンが。その後、桑田の「宮崎(松下)さんの周り、事件の関係者多くないですか?」いう声と共に梨央、青木(水崎綾女)、しおりが順番に映し出される。

動画の終盤では、驚いた様子の梨央が「あなたが…あの人を?」と何者かを見つめながら話し、そこで動画が終了する。

予告動画を見たファンからは「しおりさん怖い」「ますます目が離せない!」「梨央と大輝には報われてほしい」「みんな怪しく見えてきた…」などといった声が上がっている。

「最愛」第7話は、11月26日(金)夜10時放送。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加