西条まつり前にちょうちん作りピーク 10月8日に3年ぶり開幕【愛媛】

西条まつり前にちょうちん作りピーク 10月8日に3年ぶり開幕【愛媛】

  • EBCニュース
  • 更新日:2022/09/26

10月、3年ぶりに行われる「西条まつり」。

まつり本番を前に、だんじりなどの屋台を飾るちょうちん作りが追い込みを迎えています。

工房に響く釘打ちの音。

西条市の「伊予提灯工房」では、10月、3年ぶりに行われる西条まつりを前に、日野徹さんと妻・美保さんがちょうちんに筒状の木枠を取り付けたり、祭りの模様などを描く仕上げ作業に追われています。

工房では西条まつりで使われるちょうちんのほかに、愛媛内外から祭り用ちょうちんの注文を受けていて、秋祭りシーズンを前に久々に忙しい日々が続いています。

伊予提灯工房・日野徹さん:

「毎年自分が作ったちょうちんが、屋台に飾られてたのを見てたんですけど、それが2年間見れなかったのでそれが見られるのが楽しみであり、みんなに見てもらいたいです」

西条市によりますと、10月8日に開幕する西条まつりは一部の地区は屋台の統一行動を自粛しますが、15日・16日の伊曽乃神社と16日・17日の飯積神社の祭礼は呼び物の「川入り神事」をはじめ、3年ぶりに本格的な統一行動が行われる予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加