最強寒波到来 全観測地点で氷点下を観測 東海道新幹線に遅れも 静岡県

最強寒波到来 全観測地点で氷点下を観測 東海道新幹線に遅れも 静岡県

  • 静岡第一テレビ
  • 更新日:2023/01/25
No image

10年に一度と言われる最強寒波が到来し、県内各地では25日朝、この冬一番の冷え込みとなり、静岡市葵区井川で氷点下8.1度など全ての観測地点で氷点下を記録した。気象台では水道管や路面の凍結に注意を呼び掛けている。

10年に一度と言われる最強寒波が到来し、県内各地では25日朝、この冬一番の冷え込みとなり全ての観測地点で氷点下を記録した。発達した低気圧の影響で冬型の気圧配置が強まったことで昨夜、浜松市内では雪が降り、静岡市駿河区でも初雪が観測された。そして、25日朝、通勤時間帯の静岡市では手袋やマフラーで防寒対策をし手をこすりながら足早に歩く人たちの姿が見られた。一方、御殿場市では、午前7時すぎに市内にある温度計がマイナス6度を表示した。静岡地方気象台によると25日朝の最低気温は静岡市葵区井川で氷点下8.1度、御殿場市で氷点下6.1度、富士市で氷点下4.1度など県内全ての観測地点で氷点下を記録した。JR東海によると東海道新幹線は雪による速度規制を行っている影響で午前11時現在、県内区間では上りの「ひかり」が最大で102分の遅れが出ているという。気象台では水道管や路面の凍結に注意を呼び掛けている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加