「待ってたよ♡」彼が喜ぶLINEのタイミング

「待ってたよ♡」彼が喜ぶLINEのタイミング

  • Grapps
  • 更新日:2022/06/23
No image

男性が思わず嬉しくなってしまうLINEは、内容だけでなく送るタイミングも重要になってきます。ポイントは、節目となるタイミングです。彼を振り向かせるためにも、男性が喜ぶタイミングでLINEを送ってみましょう。

1. 仕事終わり

男性が、女性からの連絡が欲しい一番のタイミングは仕事終わりです。一生懸命に働いて疲れを感じているときに、優しい一言が欲しいのです。仕事終わりにスマホを見たとき、「お疲れさま」とLINEが入っているだけで、男性は元気になるでしょう。

多くの男性は小さな気遣いを求めています。どんな男性でも仕事でのストレスは大きいので、彼を思いやる一言を添えて労ってあげましょう。彼はあなたを理解してくれる人と認識して、好感度は上がっていくはずです。

2. 朝起きたときや夜寝る前

1日の始まりや終わりのタイミングにLINEがくることも、実は男性は嬉しく思っています。このタイミングは、習慣化させるのがおすすめです。送る内容にこだわる必要はありません。朝であれば「おはよう」や「いってらっしゃい」、夜であれば「おやすみなさい」だけでも問題ありません。

マメに連絡をくれる女性は、男性にとって嬉しい存在です。うっかり忘れてしまったら、彼の方から連絡がくるかもしれません。人は習慣化しているものが突然なくなることに不安を感じます。たとえ彼の返信が素っ気なくても、あなたの連絡を待っている可能性は十分あるでしょう。

3. デートが終わった後

男性はデートをするとき、相手の女性を楽しませるためにプランを一生懸命考えます。そのためデートが終わると、彼女が楽しんでくれたかどうか気になって仕方がありません。そんなとき、女性から「楽しかった!」「今日はありがとう」と感謝のLINEが届くと男性は心底安心します。

感謝の気持ちは、その日のデートが成功したことを教えてくれるため、男性は自信がつきます。そのまま次のデートの誘いをかけてくる可能性も高いはずです。

4. 失敗して落ち込んでいるとき

誰でも失敗することはありますよね。男性も、仕事やプライベートで失敗してしまうことがあるでしょう。そんなとき、励ますようなLINEを送ってきてくれる女性のことは、強いインパクトとして記憶に残ります。

小さな失敗であれ、大きな失敗であれ、男性がショックを受けているときこそLINEを送るタイミングです。「大丈夫?」など気にかけていることが伝わるLINEで、彼の心をグッと引き寄せましょう。

Grapps編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加