NEWSメンバー分析 第3回:小山慶一郎、相手に寄り添うコミュニケーション力 メンバーとファンを繋ぐ深い愛

NEWSメンバー分析 第3回:小山慶一郎、相手に寄り添うコミュニケーション力 メンバーとファンを繋ぐ深い愛

  • Real Sound
  • 更新日:2022/09/23
No image

NEWS

8月17日に、12枚目のアルバム『音楽』をリリースしたNEWS。8月27日からは、『NEWS LIVE TOUR 2022 音楽』もスタートし、改めて3人が持つ個性がクローズアップされている。そんなNEWSの3人について、今の彼らの取り組みを中心に振り返りつつ、メンバー1人ひとりが持つ魅力に迫りたい。第3回は小山慶一郎。

(関連:NEWS 小山慶一郎、ラジオでの“コヤマウント”が止まらない SixTONES ジェシーも巻き込んだメンバー&ジャニーズ愛

小山と言えば、やはりキャスターを長年務めていたこともあり、トーク力に長けている印象が強い。2019年からレギュラー出演中の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)では現在月曜コメンテーターを担当し、2021年からは『よんチャンTV』(毎日放送)でも月曜コメンテーターを務めている。いずれも生放送の情報バラエティ番組で、小山が培ってきた瞬発力のあるコメント能力が存分に生かされている。また、2021年から『内村のツボる動画』(テレビ東京系)でレギュラーMCを務めるなど、番組において進行全体を見ながらコメントを発していく能力の高さで、新たな仕事を獲得している。

最近の小山は、キャンプが趣味、という新たな一面を見せ始めている。6月2日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でも、私物のキャンプ道具や実際のキャンプの様子などを披露。以前放送していた加藤シゲアキとの番組『NEWSな2人』(TBS系)の企画「コヤシゲ山を買う」でアウトドアへの興味を見せていた小山だが、その趣味は加速し、ここ数年で市民権を得たグランピングなどに代表されるおしゃれなキャンプにハマっている様子が見てとれる。その趣味を生かして、9月5日深夜に特別番組『NEWS小山のおしゃキャン!どう?』(フジテレビ※関東ローカル)が放送された。Kis-My-Ft2の二階堂高嗣をゲストに迎え、「こんなに頑張らないで、テレビに出ていいのかっていうくらい」とリラックスした素の表情を垣間見ることができた。

小山のトークにおける上手さは、彼の性格を反映しているとも言える。単独で何かを語ると言うよりは、相手がいる中で、その対話能力で上手さを発揮できるタイプである。小山のコミュニケーションの特徴として、相手の意見を聞いた上で、その発言を受けて言葉を発することができる点が挙げられる。インタビュー能力の高さと言ってもよい。相手が言いたいこと、思っていることに寄り添う点で、小山は非常に長けている。おそらく、テレビ番組に限らず、日常的にこうした相手とのコミュニケーションを楽しめる気持ちがあるのだろう。そして同時に、これまでの勉強や経験で培ってきた知識や情報をしっかりと持っているため、小山がコミュニケーションの輪に入ることで安心して見ることができる。小山の活動の幅が確実に広がってきたのは、こうした理由もあるだろう。

このような小山の特徴は、今のNEWSにおいても遺憾なく発揮されている。先日発売されたアルバム『音楽』初回盤B収録の「“NEWS”と“音楽” -Interview & Human Documentary-」では、小山がメンバーの増田貴久と加藤シゲアキそれぞれに1対1で行ったインタビューが収録されている。この企画の中で、増田と加藤それぞれの、作品に対する取り組み方や、音楽に対する考え方、そして3人になったNEWSに対する思いを、小山が存分に引き出している。インタビューの内容自体も見どころが多いが、小山のインタビュースキルも目を見張るものがある。緊張の解き方、話題の振り方、核心への迫り方、相手への共感、どれもが実に巧みで、そして自然だ。もちろん、20年近く活動を共にしてきた仲間ゆえの安心感はあるだろう。しかしその中で小山は、相手が身内に限りなく近いメンバーであっても、明確な目的意識を持ってインタビューを行っていることがわかる。こうしたプロフェッショナルな姿勢から察するに、このような対話能力が彼自身の最も重要なコアスキルである自覚があるのだろう。

その一方で小山は、“NEWS愛”を強く示すことが多い。自身のラジオ番組『KちゃんNEWS』(文化放送)でも、NEWSというグループと、NEWSのメンバーに対して、人一倍強い愛情を語り、ファンに対してさえも張り合う様は「コヤマウント」と呼ばれている。また、ライブにおけるMCや曲の合間でも「みんなNEWSのことが好きか?」とファンに問いかけることが多いのも印象的だ。自分がNEWSというグループをこんなにも愛していて、同じようにファンからも愛されたい、そう小山は願っているようにも見える。あるいは小山自身、愛したい、愛されたいという思いが人一倍強いのかもしれない。だからこそ、小山の根本的な情愛の深さは、今なおNEWSというグループを介して、メンバー同士、そしてメンバーとファンを繋ぐ重要な役割を果たしていると言える。

改めてNEWSの3人という構成は、シンプルながら実にバランスが良い。増田と加藤には、それぞれ圧倒的なクリエイティビティがある。そして小山には、彼らの強い思いに寄り添える深い愛情と、彼らの強い思いを引き出せるコミュニケーション能力がある。NEWSというグループは20年近い年月の中で形を大きく変えてきたグループだが、ある意味、今のNEWSはその根本となる部分が残って、あらわになった状態だ。そうした中で小山は、NEWSというグループを1つにまとめあげるための鍵を握っており、彼がその鍵を手放さない限り、NEWSはNEWSであり続けるように思う。

現体制のNEWSにとって、増田の感性、加藤の世界観は非常に重要で、その中で触媒となりうる小山の存在価値は計り知れない。同時に、小山自身の魅力でもある、体躯のバランスや甘い声、どこか色っぽい魅力も忘れてはならない。小山は、NEWSがNEWSとして存在するための中心であると同時に、NEWSがオンリーワンであるための大切なエッセンスでもあるのだ。最新ツアー『NEWS LIVE TOUR 2022 音楽』で、小山のどこまでも深い“NEWS愛”と、さらに広がりを見せる彼の魅力を堪能できることを心待ちにしている。(ジャニヲタおじさん)

Array

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加