【独占インタビュー|食野亮太郎】G大阪と「志向するサッカーは近い」リオ・アヴェ。新天地で「間違いなく通用する」と語る理由

【独占インタビュー|食野亮太郎】G大阪と「志向するサッカーは近い」リオ・アヴェ。新天地で「間違いなく通用する」と語る理由

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/09/16
No image

リオ・アヴェでの背番号は40に決定。食野は「自分にとって出世番号でお気に入り」と語る。©RioAveFC/協力:JSP

No image

リオ・アヴェと契約を交わした食野亮太郎。新天地に「フィットしていると感じる」と自信を漲らせる。©RioAveFC/協力:JSP

No image

ポルトガル1部のリオ・アヴェに加入した食野亮太郎。サッカーダイジェストの単独インタビューに応じてくれた。©RioAveFC/協力:JSP

マンチェスター・シティ(イングランド)からリオ・アヴェ(ポルトガル)へ2年間の期限付き移籍をしたU-23日本代表FWの食野亮太郎(22歳)が、サッカーダイジェストの独占インタビューに応じた。新天地では9月17日にヨーロッパリーグ2回戦のボラツ戦(ボスニア・ヘルツェゴビナ)、20日にトンデラとのリーグ開幕戦を控える。欧州2年目を迎えるドリブラーの現在地、そして野望に迫った。

1日に正式契約。翌2日にはパソス・デ・フェレイラとの練習試合でいきなり約30分間出場した。プレシーズン総仕上げとなった9日の練習試合ボアヴィスタ戦まで3試合連続出場。すべて途中出場だが、入団発表時に人気アニメ『キャプテン翼』とのコラボレーション映像で迎え入れられたように期待値は高い。同時に、食野自身も昨季5位のリオ・アヴェのポテンシャルを感じ取っている。

「練習試合では途中で左に入ったりもしましたが、基本はトップ下ですね。マリオ・シルバ監督には“2列目ならどこでも良い”と伝えていますし、監督もそのつもりのようです。とにかくチームとしてパスのテンポが速い。ワンタッチプレーも多い。縦パスもバンバン入ってくる。欲しい時にボールが来ますし、自分の特徴であるターンとかドリブルが活きるので、やっていて楽しいですね」 4―2―3―1システムをベースとするリオ・アヴェのチームコンセプトは、ボールを握って相手を圧倒することだ。

「できるだけボールは失わないようにする。トレーニングマッチでも内容は圧倒しているので、ボールが持てるチームで攻撃的なスタイルですね。ポルトとか強豪クラブと試合する時の戦い方はまだ分からないですが、他のチームと戦っている時の印象ではボールを握って攻撃的にやっている。ハーツ(スコットランド)では多くのものを学べて、得たモノが大きい。それを次の段階につなげていく面でリオ・アヴェはフィットしていると感じる」

昨季に在籍したハーツ時代と比べてボールタッチ数は2倍以上。つないで相手を崩していく。そして選手個々のアイデアを出し合ってゴールを陥れる。

「監督は攻撃に関して制限はしないですね。チームとしての動き方、連動の仕方はありますが、その中で個性を出せるように、と。例えば足の速い選手ならば裏スペースへの抜け出し、縦への突破。僕みたいな選手なら密集で違いを作れ、と。守備は全員に求めていますし、切り替えなどベーシックな決まり事は色々ありますが、攻撃に関しては戦術ありきではなく、個人の能力を最大限に引き出すやり方ですね」

そのスタイルはアカデミーから8年半の間在籍したG大阪と似ており、「志向するサッカーは近いと思います」。 新型コロナウイルスの影響でスコットランドリーグは3月中旬に中断。その後、シーズン打ち切りが決まり、4か月以上も実戦から遠ざかった。一方、リオ・アヴェは8月中旬には新チームが始動しており、また、多くの選手が残留。17日にはクラブ史上2度目のヨーロッパリーグ出場を掛けた試合を控えており、現状は既存メンバーがベースになっている。だが食野に焦りはない。

「ターンしてドリブル、前を向くスピード、キレは間違いなくここでも通用すると思います。改善点は守備で走れるように。あと、後ろの選手から掛けられた言葉を瞬時に聞き分けてプレーで実戦することは、まだまだ。語学の理解度と強度。それを高めて体現しないといけない」

手応えと課題は明確。そしてマリオ・シルヴァ監督から「ポテンシャルは理解している。ゆっくり時間をかけて、街にも、ポルトガルという国にも、リオ・アヴェというクラブにも慣れてほしい。このクラブにはプレッシャーを掛ける人間はいない。しっかりコンディションを上げながら慣れていってほしい」と声を掛けられていることも、ストレスなく新チームになじめている要因のひとつになっている。

「数字へのこだわりとかノルマは特にありませんが、少なくとも2桁は取らないといけないと思っています。結果として2桁得点・2桁アシストしたらどこのクラブにも目が留まるし、そこは意識してやりたいですね。チームも強いですし、ボールを握った戦いをするのでチャンスはあると思う。そこを活かせるかどうか」 ポルトガルリーグにおいて、日本人選手最高の成績は17~18年シーズンに日本代表MFの中島翔哉(当時ポルティモネンセ/現ポルト)が挙げた10得点・12アシスト。具体的な数字を挙げなくても、目指すところは高みにある。

「実はポルティモネンセ時代の中島選手のプレー映像を見たんです。スタイル的に若干似ている部分があると思っていて、道標というか、お手本ですね。まずチーム内の競争に勝たないといけないけど、自分の特徴を活かしながら(中島に)近づいていけるようにしたいですね」

ポルトガルリーグで大きな飛躍を遂げた先輩の背中を追うイメージはできている。

背番号はG大阪時代に背負った「40」を選んだ。「ユースから昇格して初めて付けた番号。ハーツではすでに付けている選手がいたんですが、自分にとって出世番号でお気に入りなんです」。

まずは17日に行なわれるヨーロッパリーグのボラツ戦。「ヨーロッパリーグ本戦に出場できれば良いこと。他の国の強いチームと試合ができれば、キャリアの幅が広がる。ありがたい舞台だなと思っているのでなんとしても出たい。それができるとチーム全員が信じている」。

本拠地のあるヴィラ・ド・コンデはポルトガル北西部に位置し、大航海時代に栄華を築いた街。当時の人々が世界を拡げていったように、食野もここで大きな帆を張り、より大きな海原へと飛び込んでいく。

取材・文●飯間 健

───◆───◆───

インタビューの続編は9月24日発売号の本誌サッカーダイジェストで掲載!
続編では移籍の真相、恩師・森下仁志監督との秘話、リオ・アヴェでの青写真をどう描いているかなどに迫っています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加