【2人目問題】ryuchell(りゅうちぇる)さん「子どもの数にとらわれず自分たちの家族の形を見つけて」

【2人目問題】ryuchell(りゅうちぇる)さん「子どもの数にとらわれず自分たちの家族の形を見つけて」

  • VERY[ヴェリィ]
  • 更新日:2022/08/06
No image

家事育児は〝手伝う〟から〝シェアする〟時代に。頑張るパパの悩みに応える連載の第10回。RYUCHELL(りゅうちぇる)さんの愛ある叱咤激励と、ジェンダー論のプロ・東大人気No.1講義の瀬地山 角先生の分析を、ぜひ夫婦でシェアしてみてください。

▶︎瀬地山 角先生の分析はコチラ!

今月の悩めるパパ ⑩

戸田聡太郎さん(仮)/37歳。娘3歳。大手食品メーカーに勤務し、趣味はお酒と食べ歩き。コロナ以降は自宅で理想のハイボールを作ることが楽しみ。1歳年上の妻とは職場結婚。

2人目問題で悩んでいます。僕は娘にきょうだいを作ってあげたいですが、妻は望んでいないようです。ひとりっ子であることを、妻がいつか後悔しないか不安です

「娘3歳、妻は38歳。妻は同じ会社の他部署でフルタイム勤務です。年齢的にも2人目をそろそろと思うのですが、妻は望んでいません。仕事と育児の両立が大変なのと、一番は娘がママを取られたくなくて「赤ちゃんいらない!」と言っているのが大きいようです。子どもの気持ちはコロコロ変わりますし、私自身は3人きょうだいなので2人は欲しいと漠然と考えていました。育児には積極的に関わっているつもりで、朝の登園、週末の習い事の送迎と買い出し、娘と2人で過ごす時間も作っています。今後ももっと頑張るつもりですが、それでも妻はYESと言いません。いつか後悔しないかと悩んでいます。」

No image

りゅうちぇるさんの回答

「赤ちゃんいらない!」と娘さんが言うのは充分に愛をもらっている証拠。自分たちの家族の形を大切に

No image

家族の形には決まりも 理想もない。自分が知ってる 景色に当てはめないで

結婚っていつも自分の希望が通るわけがなくて、夫婦でしっかり話し合っていかなきゃいけないもの。子どもの数も教育も、何だってそう。自分が3人きょうだいだから1人じゃ可哀想と思ってるかもしれないけど、そう思うのはその景色を見たことがあるからで、それを自分の子に当てはめちゃダメ。子どもは分身じゃなくて一人の人間なので。ママは働きたいし、子どもの気持ちも尊重したい。さらに、命がけで産むのも産休を取るのもママ。その本人の気持ちは尊重しないといけないと思います。パパは現状家庭を回せているから子どもが増えても大丈夫って思ってるけど、ママはもっと具体的なことが見えてるんじゃないかな。送迎だって2カ所に分かれたら大変だし、そういう細かなこともママは見据えて1人がいいと考えてるんだと思います。あと、娘さんから「赤ちゃんいらない」っていう言葉が出るのは、充分にパパとママから愛をもらっている証拠。だから、娘さんの気持ちを尊重してもいいのかなって。何かを可愛がったりお世話する気持ちをわかってほしいなら、動物や植物を育てるのもいいと思います。僕は22歳でパパになって、体力的には若くて良かったと思う反面、経験不足のこともたくさんあって。その点、年齢を重ねてからの子育ては人生経験を積んだ後だから、子どもにいろんなことを教えられるし、いろんなご縁もあると思う。心から素敵だなと思うので、子どもの人数にとらわれずに、自分のこれまでの人生に誇りを持って、自分たちの家族の形を見つけてほしいです。

No image

東大人気No.1ジェンダー論講義の瀬地山 角先生からパパへの回答はこちら!

【PROFILE】
RYUCHELL(りゅうちぇる) 1995年沖縄県生まれ。モデル、タレント、歌手、YouTubeなどマルチに活躍。育児セラピスト1級、食育インストラクターの資格も持つ。妻のぺこさんと3歳息子の三人家族。

Tシャツ¥3,740 (フロリダ下北沢)パンツ¥6,380(フラミンゴ下北沢店2nd)その他/本人、スタイリスト私物

人気連載をまとめ読み!

パパの子育て悩み相談室

撮影/杉本大希 ヘア・メーク/megu スタイリング/曽我一平 取材・文/宇野安紀子 イラスト/N.Ryosuke 編集/井上智明
*VERY2022年7月号「りゅうちぇるの「パパの子育て悩み相談室」」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加