箱根駅伝駒大ランナー、初公判で起訴内容認める 罰金90万円求刑、結審

箱根駅伝駒大ランナー、初公判で起訴内容認める 罰金90万円求刑、結審

  • カナロコ by 神奈川新聞
  • 更新日:2021/10/14
No image

高校の女子生徒(17)にみだらな行為をしたなどとして、神奈川県青少年保護育成条例違反などの罪に問われた駒沢大4年の被告(21)の初公判が14日、横浜地裁(橋本健裁判官)であり、被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

被告は今年の箱根駅伝で総合優勝した同大のアンカー。検察側は「被害者の未熟さにつけ込んだ卑劣な犯行」として罰金90万円を求刑、即日結審した。判決は21日。

検察側は冒頭陳述で、被告が会員制交流サイト(SNS)でのやりとりから、女子生徒が18歳未満であることを認識していたと指摘した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加