E.T.:スティーブン・スピルバーグ監督の不朽の名作 孤独な少年エリオットと宇宙人E.T.の物語 吹き替えに子役時代の浪川大輔ら

  • MANTANWEB
  • 更新日:2022/05/15
No image

映画「E.T.」の一場面(C)1982 Universal City Studios, Inc. All Rights Reserved.

不朽の名作「E.T.」(スティーブン・スピルバーグ監督、1982年)が、5月14日にフジテレビ系「土曜プレミアム」枠(午後9時)で放送される。

【写真特集】いつまでも色あせない名作! 改めて見たい「E.T.」“伝説のシーン”も

満天に星が輝くある夜、森に囲まれた人気のない草原の空き地に不思議な飛行物体が着陸した。ハッチが開き、冷たい夜の空気の中に姿を現したのは宇宙からの訪問者たち。そして、孤独な10歳の少年エリオット(ヘンリー・トーマス、声:浪川大輔さん)と、地球にたった一人置き去りにされた宇宙人E.T.との物語が始まる。

吹き替えの声優は、エリオットの母メアリー(ディー・ウォーレスさん)を駒塚由衣さん、兄マイケル(ロバート・マクノートンさん)を鳥海勝美さん、妹ガーティ(ドリュー・バリモアさん)を藤枝成子さんが務める。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加