ウクライナ、ロシアによる侵攻で損害「140兆円」と発表

ウクライナ、ロシアによる侵攻で損害「140兆円」と発表

  • AFPBB News
  • 更新日:2022/09/23
No image

ウクライナ・ハルキウで、砲撃によって屋根が破壊された高層住宅(2022年9月21日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】ウクライナ政府当局者は22日、ロシアによる侵攻でウクライナが被った損害額は1兆ドル(約140兆円)に上ると発表した。

ウォロディミル・ゼレンスキー大統領の経済顧問、オレフ・ウステンコ氏は、「直接的・間接的損害」は「大体1兆ドル近く」に上っていると話した。

ウステンコ氏はドイツ外交関係評議会が主催したベルリンのイベントで、この額は侵攻以前のウクライナの国内総生産(GDP)の5倍に相当すると述べた。

同氏は以前、侵攻開始2週間の損害は約1000億ドル(約14兆円)に上るとしていた。

物理的損害がない事業も「フル稼働していないか、1日数時間だけ営業している」状態であり、「これは、国家予算が当初の予想額よりも大幅に少なくなることを意味する」と話した。

ウクライナを支援する世界銀行や欧州連合、主要7か国は税収減を補うために資金提供を約束している。

ウステンコ氏によると、政府は今年、ウクライナ経済が35~40%縮小するとみている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加