全米俳優組合賞は「シカゴ7裁判」が受賞 オスカー有力候補に返り咲き

全米俳優組合賞は「シカゴ7裁判」が受賞 オスカー有力候補に返り咲き

  • 映画.com
  • 更新日:2021/04/06
No image

「シカゴ7裁判」 Netflix映画「シカゴ7裁判」独占配信中

米アカデミー賞の前哨戦として知られる全米俳優組合(SAG)賞授賞式が4月4日(現地時間)、リモート形式で行われた。

作品賞にあたるキャスト賞は、「シカゴ7裁判」(アーロン・ソーキン監督)が受賞。米脚本家組合(WGA)賞、米製作者組合(PGA)賞などで受賞を逃してきただけに、実力派俳優を揃えた群像劇である同作がSAG賞を逃した場合、アカデミー賞受賞は絶望的とみられていた。今回のSAG賞授賞で、再びアカデミー賞の有力候補のひとつに返り咲いている。

なお、2020年のSAG賞は外国語映画の「パラサイト 半地下の家族」(ポン・ジュノ監督)がサプライズ受賞。その後のアカデミー賞4冠を達成している。

スタジオ別ではキャスト賞の「シカゴ7裁判」と、主演俳優2部門を受賞した「マ・レイニーのブラックボトム」、さらにテレビ部門の「ザ・クラウン」「クイーンズ・ギャンビット」を抱えるNetflixが圧勝している。

主な受賞結果は以下の通り。

▽映画部門
キャスト賞 「シカゴ7裁判
主演男優賞チャドウィック・ボーズマンマ・レイニーのブラックボトム
主演女優賞ビオラ・デイビスマ・レイニーのブラックボトム
助演男優賞ダニエル・カルーヤ「Judas and the Black Messiah(原題)」
助演女優賞ユン・ヨジョンミナリ
スタントアンサンブル賞「ワンダーウーマン 1984

▽テレビ部門
キャスト賞(ドラマシリーズ) 「ザ・クラウン」
主演男優賞(ドラマシリーズ)ジェイソン・ベイトマン「オザークへようこそ」
主演女優賞(ドラマシリーズ)ジリアン・アンダーソン「ザ・クラウン」
キャスト賞(コメディシリーズ)「シッツ・クリーク」
主演男優賞(コメディシリーズ)ジェイソン・サダイキス「テッド・ラッソ 破天荒コーチがゆく」
主演女優賞(コメディシリーズ)キャサリン・オハラ「シッツ・クリーク」
主演男優賞(テレビ映画/リミテッドシリーズ)マーク・ラファロ「ある家族の肖像 アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」
主演女優賞(テレビ映画/リミテッドシリーズ) アニヤ・テイラー=ジョイ「クイーンズ・ギャンビット」
スタントアンサンブル賞 「マンダロリアン」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加