宮迫博之YouTubeへの出演を勝手に決める芸人に吉本がダメ出し! 今後“大物とのコラボ”は激減か

宮迫博之YouTubeへの出演を勝手に決める芸人に吉本がダメ出し! 今後“大物とのコラボ”は激減か

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2021/05/01
No image

“闇営業問題”以降、地上波から姿を消し、現在、ユーチューバーとして活躍中のお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之。YouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』が注目を集める理由のひとつに、数多くの人気芸人とのコラボ企画が挙げられるが、ここにきて、吉本興業が所属芸人らに「(宮迫のチャンネルに)出演する場合は事務所を通すように」と通達したことで、大手プロもこの動きに同調すると見られている。

「宮迫のYouTubeチャンネルには、吉本のみらず、大手プロに所属する人気タレントも数多く出演している。今後は大手プロも、吉本と同じように事務所を通すことを条件にするようですが、そうなると、『宮迫ですッ!』の芸人コラボ企画は頓挫するでしょう。ユーチューバーとしての宮迫の大きな強みが削がれることになります」(お笑い関係者)

2019年に発覚した“闇営業”問題で活動を休止。その後、吉本興業との話し合いを拒否したまま、契約解除された宮迫は、それまでMCを務めていたバラエティ番組『アメトーーク』(テレビ朝日系)はじめ、地上波の番組から干されたが、自身のYouTubeチャンネルを開設し、新たな活路を見出した。

「吉本は、相方の蛍原徹と、宮迫を可愛がっていた明石家さんまに、『宮迫ですッ!』に出演しないよう、クギを刺していました。他方、宮迫は、人気ユーチューバーであるヒカルのアドバイスもあって、芸人コラボ企画を立ち上げ、親しい芸人仲間を次々にブッキングしていったんです」(吉本元社員)

昨年、宮迫のYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」に出演したのは、オリエンタルラジオの中田敦彦、カンニング竹山、極楽とんぼの加藤浩次、キングコングの西野亮廣、スピードワゴンの井戸田潤、江頭2:50の6人。今年に入ってからも、千原兄弟の千原ジュニア、山口智充、ガレッジセールのゴリ、FUJIWARA、次長課長の河本準一といった吉本芸人が出演。さらに、2月には、10年前に電撃引退して以降、いまだに復帰待望論が出ている島田紳助が、声だけとはいえ出演したとあって、登録者数が増加した。

「紳助さんの登場効果もあって、登録者数は現在140万人。動画の再生回数は3億回突破も近いといわれていますが、ところが、宮迫が親しい芸人らに直接出演交渉していことがわかったんです。出演決定後、事務所に報告し、吉本にマネジメント料が入る形にはしているようですが、事務所としては、出演を勝手に決めることも認めるわけにはいかず、芸人たちに、宮迫サイドとのやりとりは事務所を通すよう通達したんです。芸人たちにとっては、“出るな“と言われていると受け取れますよ」(バラエティ番組関係者)

前述の島田紳助は、宮迫に、大崎洋会長との仲介に入ることを公言したが、その直後に写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)から直撃された大崎会長は、宮迫に対して「(吉本に)戻らんでええよ」とケンもホロロに拒絶。その後、大崎会長に会う機会があった筆者が、宮迫について確認してみると、「戻らんでええですよ。いちいち、YouTubeでネタにすんなって話ですわ。辞めてまで吉本のことをネタにするなってことですよ」と語っていた。

“闇営業”発覚時から、宮迫の姑息な態度を見てきた筆者には、大崎会長の怒りは理解できる。

宮迫は、今回の通達に関して、「闇営業ではない」「今後は事務所を通している」と反論しているが、吉本を契約解除されたにもかかわらず、吉本の芸人の訴求力を利用するやり方が、吉本の逆鱗に触れていることがわかっていない。

今後、宮迫が吉本芸人に頼らず、ユーチューバーとしてどこまでやっていけるのか、注目したい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加