“ハロプロのおしゃれ番長”がCanCam専属モデルに

“ハロプロのおしゃれ番長”がCanCam専属モデルに

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2021/06/11

“ハロプロのおしゃれ番長”こと、アイドルグループ・アンジュルムの佐々木莉佳子(20歳)が、ファッション誌「CanCam8月号」(6月23日発売)から、同誌専属モデルに仲間入りする。「CanCam」の新モデルは、3月に新加入した“めるる”こと生見愛瑠に続いて今年2人目。

No image

その他の大きな画像はこちら

佐々木は、アンジュルムのメンバーとして活躍する一方、ファッションモデルとして、「ピチレモン」「Seventeen」の専属モデルを歴任。10代女子のあこがれのファッションアイコンとして注目を浴びてきた。その彼女が、5月28日にハタチを迎え、ひとつ上の大人のファッション誌にステージアップ。「CanCam」の顔として新たな魅力を魅せていく。

専属モデル起用の理由について、同誌の安井亜由子編集長は「撮影時、カメラの前に立った瞬間にスイッチが入り、表現したいことが次から次へとあふれ出てくる感じに、“天性の表現者”なんだなと圧倒されました。かっこよさとかわいさに加え、佐々木さんらしい雰囲気があり同性があこがれる要素をたくさん持っているところも魅力的。ダンスが好き、洋服が好き……と好きなことに一生懸命な姿はCanCamの目指す理想像とも重なるので、これから一緒に成長していけるのが楽しみです」とコメント。

佐々木はとにかく服が大好きで、「服で部屋がパンパンになるくらい買い物が好きで、1か月に買う洋服はMAX20着!よく親に怒られます(笑)」と言うほどおしゃれ愛は人一倍。専属モデルの初仕事となった自身の紹介ページの撮影でも、これまでのティーン誌とは異なる大人カジュアル服を表現豊かに着こなして、その姿は撮影スタッフが見てもとても楽しそうだったという。CanCamモデルとしての新しい挑戦には、「今回CanCamの専属モデルになって『どんな服を着られるのかな』『どんな新しい自分に出会えるのかな』とワクワクしていますし、『がんばるぞ』って気持ちも大きいです。私を見て『すてきだな』と思ってくれる方がひとりでもいてくれたら、うれしいな。誰かに夢を与えられる存在になりたいと思います! いや、絶対なります!」と意気込みを語っている。

Narinari.com編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加