太陽を1カ月観測したタイムラプスがまるでアート 衛星写真を約8万枚使用

太陽を1カ月観測したタイムラプスがまるでアート 衛星写真を約8万枚使用

  • Real Sound
  • 更新日:2021/11/25
No image

(画像=Sean DoranのYouTube)

NASAが打ち上げた太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー」の撮影データを使用して制作された、太陽の4Kタイムラプス映像が話題になっている。

参考:【動画】太陽の4Kタイムラプス映像

こちらの映像を作ったのは、映像作家であるSean Doran氏。彼は太陽のコロナループを収めた写真78,846枚を編集し、こちらの4Kタイムラプス映像を制作した。これらの写真は2014年8月のものであり、1カ月分の写真が60fpsで22分に収まるように編集されている。

Doran氏は「衛星からの写真を、人の心を掴むようなアートとメディアにする」と、自身の活動内容を説明しており、他にも衛星の撮影写真をもとにアーティスティックな地球の映像などを公開している。

(Source)
https://nerdist.com/article/beautiful-sun-surface-time-lapse-science-art-relaxing-video/
https://www.thisiscolossal.com/2021/11/sean-doran-sun-timelapse/
https://www.youtube.com/c/Se%C3%A1nDoran/

(文=Kaz (Steezy, inc))

Kaz (Steezy inc.)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加