らくらくで驚きの効果!?下半身がみるみるスッキリ「股関節ストレッチ」

らくらくで驚きの効果!?下半身がみるみるスッキリ「股関節ストレッチ」

  • ココカラネクスト
  • 更新日:2021/06/09
No image

「家にいる時間が増えて、最近下半身にお肉がつきやすくなった……」
「痩せたい! でも運動は苦手」

そんな方におすすめしたいのが、「股関節ストレッチ」です。

股関節は、からだの循環器系に深く関係し、股関節が硬いと、血流が悪くなって冷え性やむくみなどの不調の原因になるとされています。とくに、重力の影響を受ける下半身は、脂肪がつきやすく、年齢とともに痩せにくくなるといわれています。

今回は、簡単にできて驚きの効果が実感できる「下半身ストレッチ」のやり方と理由をご紹介します。

・今すぐ読みたい→
お腹まわりの脂肪を何とかしたい!効果的な運動2つ https://cocokara-next.com/fitness/exercise-to-lose-weight/

1.股関節を柔らかくする=ダイエットに直結!

No image

股関節は、ももの骨と骨盤のつなぎ目の関節で、骨盤や脚の動きに関与しています。股関節を動かすことで、太ももやお尻など、下半身の大きな筋肉群が動き、エネルギー消費が促されるとされています。

また、股関節には、からだの毒素を排出するフィルターの役割を担う「鼠径部リンパ節」があります。股関節を動かすことで、血流やリンパの流れを促すといわれています。

つまり、股関節がかたいと血行不良になってむくみやすくなり、逆に股関節が柔らかくほぐれると、血流やリンパの巡りがよくなるため、むくみ解消の効果が期待できるということです。

股関節が柔らかくなると、歩く・階段をのぼるなどの日常の動作もスムーズになるので、自然と大きな筋肉にアプローチができて、基礎代謝アップに役立ちます。からだの熱を作り出す力が高まり、エネルギー消費が促されれば、痩せやすい体質になるかも。

見た目はもちろん、感覚としてもスッキリと軽やかなスタイルが目指せますよ。とくに、下半身が太りやすい女性は効果を感じやすいでしょう。

2.かんたん股関節ストレッチのやり方

股関節をゆるめる、かんたんなストレッチを3つご紹介します。
どれも初心者の方にもおすすめのストレッチです。仕事や家事の間のスキマ時間、お風呂上がりや寝る前などに、気軽に行なってくださいね。

【股関節ストレッチ(1)】

No image

大腿(太もも)の骨を股関節の中で動かし、股関節の可動域を高めていきます。仰向けでご紹介しますが、座った状態でもできます。

1.仰向けになり、両足を肩幅より広めに開きます。
2.ゆっくりとつま先を内向きにします。このとき、股関節から脚全体を内側に回すように意識をしましょう。
3.力をゆるめて、つま先を元の位置に戻し、ゆっくりとつま先を外側に向けます。同じく、股関節から脚が動くようにしましょう。

この動きを10回×3セットくり返します。

【股関節ストレッチ(2)】
お尻の筋肉をゆるめ、股関節を柔軟にするストレッチです。腰のストレッチにもなり、腰痛緩和の効果も期待できます。勢いで動かさず、呼吸に合わせてゆっくりと行ないましょう。

1.仰向けになり、両膝を立てます。
2.右足首を左のももの上に乗せ、数字の4の字のようにします。
3.脚を少し持ち上げて、両手で左の太もも裏をつかみます。このとき、手をまわすのがつらい方は、フェイスタオルを細長くして両手で持ち、タオルを太もも裏にあててください。
4.息を吐きながら、ゆっくりと両手で左太ももを手前に引き寄せ、右膝を前方に押します。このとき、右のお尻が浮かないように気をつけましょう。

この動きを左右30秒ずつ(3~5呼吸)くり返します。

【股関節ストレッチ(3)】

No image

お尻や太ももの内側など、股関節の動きに関与する筋肉をストレッチして、柔軟性を高めていきます。決して無理はせず、徐々にストレッチを深めてくださいね。

1.四つん這いの状態から、右膝を手と手の間に滑らせるように入れます。
2.左脚をゆっくりと後ろに引き、膝を伸ばします。このとき、左脚はからだに対して真っすぐに伸ばしましょう。
3.ゆっくりとお尻を沈めます。余裕があれば、右足首を少しからだの内側にずらします(つま先が前方を向くイメージ)。
4.前腕を床におろして、息を吐くときにお尻を床に沈めます。

この動きを左右30秒ずつ(3~5呼吸)くり返します。

3.漢方でダイエットをサポート

No image

からだの巡りをよくしてスッキリ下半身を目指すなら、漢方薬もおすすめです。

漢方薬は医薬品として効果と安全性が認められている自然由来のお薬です。
比較的、副作用が少ないといわれているため、ナチュラルなダイエットが目的の方でも安心して服用できます。
運動が苦手な方や、つい食べ過ぎてしまう方のダイエットを、タイプに合わせて優しくサポートしてくれますよ。

漢方薬は、理想的な心とからだへ導くことを目的としている点が特徴です。服用を続けることで、からだの内側から体質の改善に働きかけるため、リバウンドを繰り返したくない方への痩せやすい体質づくりには最適といえるでしょう。

ストレッチとあわせて、からだの内側からの体質改善を目指してみてはいかがでしょうか。

No image

<下半身太りにお悩みの方におすすめの漢方薬>

・防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
からだ全体の巡りを良くして脂肪代謝機能を改善し、ため込んでいる脂肪を減らすのに役立ちます。
おなか周りの脂肪が気になる方、便秘がちな方におすすめです。

・防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)
水分循環を促し、余分な水を排泄させます。
水太り、むくみ、汗かきしやすい方におすすめです。

ただ、注意したいのは、漢方薬は自分に合っているか否かがとても大切だということです。自分の今の状態に合っていない場合は、効果がないだけでなく、お金を払ったのにからだへのダメージ(副作用)を受ける場合もあります。購入の際には、漢方に精通した医師、薬剤師等にご相談することをおすすめします。

インターネット相談窓口を設けている「あんしん漢方」のようなサービスを利用して、薬効や副作用、漢方薬との相性、日常生活の養生法などを相談してみるといいでしょう。

「あんしん漢方」は、不調を改善したい方におすすめの、スマホで気軽に薬剤師に相談できる新しいサービスです。AIを活用し、漢方のプロが効く漢方を見極めてお手頃価格で自宅に郵送してくれる「オンライン個別相談」が話題です。

●あんしん漢方

4.股関節をほぐしてスッキリ下半身を目指そう!

股関節が柔軟になると、日常の動作がラクになります。からだがスムーズに動くと、ますますからだを動かすのが楽しくなり、フットワークも軽くなりそうですね。

からだはもちろん、心にもよい効果がたくさん期待できる「股関節ストレッチ」。股関節は、毎日少しずつストレッチすることで柔軟性が高まり、よい状態が保てます。無理なく続けていけるよう、ご自分のペースで取り組みましょう。

今回ご紹介したストレッチを生活に取り入れて、からだの巡りを促し、見た目も感覚的にもスッキリとした下半身を目指してくださいね。

[文:あんしん漢方]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
お腹まわりの脂肪を何とかしたい!効果的な運動2つ ​https://cocokara-next.com/fitness/exercise-to-lose-weight/

ヨガインストラクター・ライター 古城美季(こじょうみき)

2015年、RYT200(全米ヨガアライアンス認定)を修了。グループレッスンやパーソナルレッスンなど、年間700本のクラスを担当する傍ら、新人インストラクターのトレーナーとしても経験を積む。2020年に独立、スタジオとオンラインで年間500本のレッスンを行なう。また、ヨガの知識を活かしてライフスタイルメディアで記事を執筆するなど、兼業ライターとしても活動している。
初心者から中上級者まで、一人ひとりのカラダに合わせたアライメント重視の指導が得意。ヨガを通して「心身の健康」や「心豊かな暮らし」のサポートができるように心掛けている。

CocoKARA next

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加