好きすぎて辛いときの男性心理!好きすぎて苦しい片想い中の男性の言動とは

好きすぎて辛いときの男性心理!好きすぎて苦しい片想い中の男性の言動とは

  • mamagirl
  • 更新日:2023/03/19
No image

恋愛しているときのドキドキはいいものですが、好きすぎてしまうあまり辛くなってしまうこともあります。好きでたまらない女性がいる男性には、特徴的な言動があるよう。今回は、「片想い相手や彼女のことが好きすぎる!」そんな男性心理や行動について解説していきます。また、男性が思わず夢中になってしまうような女性についてもチェックしていきましょう。

■片想い中の女性や彼女のことを好きすぎる男性の特徴

No image

出典:PIXTA

好きすぎて苦しいと感じやすいのは、どんな男性なのでしょうか。

・人に尽くすのが好きなタイプ

好きになりすぎる男性は、人に尽くす自分が好きな場合も少なくありません。人を喜ばせることそのものが好きなので、好きな人にはついつい尽くしてしまいます。相手が喜ぶ様子を見て満足できるため、見返りを求めないのが特徴です。

・一途なタイプ

相手にのめり込んでしまう男性は、1人の女性しか見えない一途で真面目なタイプが多いよう。好きと自覚するとそう簡単に愛情が揺るぎません。それ以上に好きの気持ちが大きくなり、好きすぎる状態になることも。周囲の声に流されない頑固な一面を持っている男性も多いでしょう。

・ロマンチストなタイプ

No image

出典:PIXTA

想像力が豊かでロマンチストな男性も、相手を好きになりすぎる傾向にあります。キュンとするようなシチュエーションが好きなので、自らが演出したロマンティックなシチュエーションに酔い、より気持ちも高まります。情熱家なので、好きな気持ちを抑えずストレートに表現する人も多いでしょう。

・ポジティブなタイプ

ポジティブなタイプは、人の悪い面よりもいい面を見つけようとする傾向にあります。だからこそ、好きになった相手のいいところはより見つけやすくなるでしょう。結果、好きでたまらない状態になることも珍しくありません。

・嫉妬深いタイプ

嫉妬深いタイプは愛情深くもあり、好きすぎて辛い心境に陥りやすいでしょう。本能的に独占欲も強く、相手のことが好きすぎるからこそ嫉妬もしやすくなります。浮気の心配をしたり思い通りにならない不満が出たりと、好きすぎて狂いそうになり自分自身が疲れてしまうことも。

・熱しやすく冷めやすいタイプ

なかには、好きになりやすく冷めやすいタイプもいます。好きになると気持ちが燃え上がり好きな女性のことで頭がいっぱいですが、気持ちが落ち着くと一気に興味が薄れるなんてことも。趣味や交友関係などに変化が多いのはこのタイプかもしれません。

■【片想い編】好きすぎて辛い!片想い中の男性心理

No image

出典:PIXTA

好きの対象によっても、男性心理や行動には違いがあります。好きすぎて辛い、付き合う前の心理を確認していきましょう。

・自分のことを好きになってもらいたい

好きな相手には当然、自分のことを好きになってもらいたいもの。どうしたら付き合えるか、好きになってもらえるのかという点に頭を悩ませているでしょう。話や誘いのチャンスを常にうかがっています。

・とにかくかっこ良くなりたい

相手に好きになってもらうため、かっこ良くなりたいと考える男性は多いはず。好きすぎる相手をかわいいと思っているため、見合う男性になるべく今まで以上に外見に気を使う傾向にあります。

・好きな人となかなか進展がなくて辛い

思うように関係が進展せず、もどかしい気持ちを抱えている男性もいます。どうにか仲良くなりたくても、自分に自信がない、シャイといった人は、思うようにアプローチできず、片想いならではの辛い気持ちを抱え込むことになるでしょう。好きでたまらないのにアプローチできないというイラだちを感じてしまう人もいます。

・告白するかどうか悩む

告白する勇気が持てず、悩んでいる男性も少なくないでしょう。好きすぎるがあまり振られることに不安を感じ、なかなか一歩が踏み出しにくいもの。「自分には釣り合わない」「振られるんじゃないか」と考えすぎて、辛くなってしまうことも。また、告白すると決めていてもタイミングがつかめず悩んでいるケースもあるでしょう。

■【片想い編】好きすぎて辛い!片想い中の男性の行動

No image

出典:PIXTA

男性が好きすぎる相手に見せる言動をご紹介します。

・たくさん話を聞きたがる

とにかくたくさん話を聞きたがるのは、好きな相手に見せる代表的な行動のひとつ。相手のことをもっと知りたいという心理から、いろんな質問をしてくるでしょう。本来は話を聞くばかりでは辛くなってしまいがちですが、好きな相手の話であればいくらでも聞くことができます。

・ふとしたときの距離が近い

いっしょに歩くとき、座るときなど、ふとしたときの距離が近いのも、相手が好きすぎる証拠でしょう。距離が近い男性には、意識してもらうためあえて近くしているパターンと、無意識に距離が近いパターンがあります。どちらにおいても好きすぎる心理によるものに間違いはないでしょう。

・ちょっとした特別扱いをする

No image

出典:PIXTA

好きな相手にはちょっとした特別扱いをする男性も少なくありません。好きすぎるからこそ親切にしたい心理が働き、体調に気を使う、変化に気が付く、1人にだけお土産を買ってくるなどといった言動に現れます。また、特別扱いは周りにバレないようこっそりと行われることが多いよう。

・しょっちゅう目で追っている

好きでたまらない相手が同じ学校、同じ職場など近くにいる場合、どうしても気になってしまうのが男性心理。ことあるごとに目で追いかけてしまうことも少なくありません。ときには目線で周囲に片想いがバレてしまう、なんてこともあるでしょう。

・彼女のピンチにはすぐ駆けつける

No image

出典:PIXTA

何か困っているときにすぐ駆けつけることができるのは、しょっちゅう目で追っているからこそ!もちろん、好きすぎる相手を助けたい、いいところを見せたいという心理の表れでもあります。落ち込んでいると気が付いてすぐに声をかけてくれることもあるでしょう。

・別の男と話しているとソワソワする

別の男性と好きな相手が仲良さそうに話をしていると、ソワソワしてしまうこともあります。何を話しているのか、どんな仲なのか、気になりすぎて辛くなってしまうでしょう。無駄に近くに行ったり、話に入ろうとしたりする男性もいるかもしれません。

・自分の良いところを見せようとする

好きすぎる相手には自分のいいところを見せたいもの。かっこつけたり、武勇伝を聞かせたりする男性も多いでしょう。いいところを見せて好きになってもらいたいという、わかりやすい心理です。

■【両想い編】好きすぎて辛い!両想いのときの男性心理

No image

出典:PIXTA

続いて、両想いのときの、彼氏が彼女のことが好きすぎて辛い心理を見ていきましょう。

・いつも彼女のことを考えてしまう

1日中いつでもどんなときでも、好きでたまらない彼女のことを考えてしまうという男性もいるでしょう。職場でも学校でも彼女のことを考えていて気が休まらなかったり、何も手につかなかったりすると厄介です。日常のあれこれが悪化し、恋するのが辛くなってしまうかもしれません。

・嫉妬にかられてしまい苦しい

両想いのはずが、いつか飽きられてしまうのでは、自分以外の男性と話をしないでほしいなどと、嫉妬心にかられることもあるでしょう。ある程度の嫉妬は恋愛のスパイスになりますが、彼女の言動ひとつひとつに心が揺り動かされていると、恋愛を純粋に楽しむ余裕すらなくなり、「好きすぎておかしくなる……」と悩む男性もいるよう。

・彼女と別れることを想像してしまう

今が幸せすぎて「彼女に別れたいと言われてしまったら……」と考えすぎ、辛くなってしまう男性もいます。その結果、嫌われないよう本音で接することができないことも。好きすぎて不安という状況に陥ってしまいます。

・もっと自分を好きになってほしい

好きな人の彼氏である状態だけに満足できず、もっと自分を好きになって欲しいと考える男性も多いでしょう。現在の気持ちに不満があるというわけではなく、いっしょにいる時間を増やしたい、もっと頼って欲しいという心理のよう。自分にベタ惚れになれば好きすぎて辛い苦しい気持ちも和らぐと考えているのかもしれません。

■【両想い編】好きすぎて辛い!両想いのときの男性の行動

No image

出典:PIXTA

両想いで彼女のことが好きすぎる男性の、よくある行動をご紹介します。

・ボディタッチがかなり多め

彼女のことが好きな気持ちがボディタッチの量に表れる男性も多いよう。「おれの彼女だ!」というアピールの他、ふれるくらい近い距離感にいることに安心するといった男性もいるでしょう。性的欲求というよりも、ただ単に大好きな彼女にさわっていたいという男性心理のようです。

・家族や友だちに紹介したがる

彼女が好きすぎる男性は、家族や友だちと周囲の人に彼女を紹介したがる傾向にあります。自分の彼女だとアピールできるうえ、近しい人に紹介することで彼女へ大事にしているよというアピールにもなるでしょう。今後の集まりにも彼女を連れて行きやすくなったり、彼女の話をしやすくなったりするのも大きなポイント。

・挙動不審になることもある

付き合い始めの頃には、好きすぎて見れない、急にくっついてくるなど、挙動不審になってしまう男性もいるよう。どうふるまえば正解なのかわからないのが原因です。付き合いが長くなるにつれ収まっていくでしょう。

■男性から好きすぎて辛い!と思われる女性の特徴

No image

出典:PIXTA

好きすぎて辛い!と思われるほどに愛されたい、そう思うのが女性心理です。男性を夢中にする女性の特徴をご紹介していきます。

・言動がかわいい

かわいい言動にドキッとするなど、女性特有のかわいさに弱い男性も多いでしょう。やりすぎるとあざとく感じられることもありますが、女性らしいしぐさを意識すれば、好感度が高まるかもしれません。無邪気な笑顔を向ける、小首をかしげるなど、ふとした仕草がかわいいと愛されやすいでしょう。

・見た目が好み

見た目が好みなど、外見的な魅力に惹かれるケースももちろんあります。好きすぎて辛いと思われるためには、自分磨きは欠かせません。両想いになっても自分磨きは怠らず、彼の好きな雰囲気に寄せていくことも大切です。

・愛嬌がありいつもニコニコしている

No image

出典:PIXTA

愛嬌があり、いつもニコニコしているタイプの女性に夢中になる男性は多いでしょう。親しみやすいため人気者になりやすく、男性の独占欲を掻き立てます。どこか憎めないタイプも多く、多少振り回されても気になりません。

・優しくて話しかけやすい

優しくされるとキュンとしてしまう男性も。しかし、ただ優しくするだけではいい人で終わってしまう可能性大。優しさに加えて親しみやすさがあり、話しかけやすく物腰が柔らか、そんな女性なら男性もどんどん好きになってくれるでしょう。

・ミステリアスな一面がある

ミステリアスな一面がある女性にハマってしまう男性もたくさん。知らないことがあるからこそ、もっと知りたくなってしまうのが人間の心理。プライベートはすべて話さず、多少の謎を作っておくことで、どんどん夢中になってもらえる可能性があるでしょう。

・甘え上手

女性に甘えられるとうれしいと考える男性は多いもの。か弱い存在や、大切な相手を守りたいと思う本能があるので、上手に甘えるのも男性を虜にする秘訣になるでしょう。

・ボディタッチがうまい

さりげなく体に触れるボディタッチには、どんな男性も「ドキッ」としてしまう効果があります。そのテクニックを使いこなしている女性は、やはり男性が夢中になりやすいようです。

■ずっと好きすぎる!と思ってもらうには

No image

出典:PIXTA

好きすぎて辛いほど好きになってもらえるなら、その気持ちをずっと持ち続けてもらいたいもの。愛され続けるためには、以下のポイントを意識して。

・楽しそうにふるまう

いっしょに過ごすときは、楽しそうにふるまいましょう。笑顔で話を聞いてくれる安心感は何にも勝るもの。もっと話したいを思ってくれるはず。

・ときにはダメな部分も見せる

無理に完璧を装うのではなく、ダメなところを素直に見せることも大切です。「そばにいてあげたい!」と、庇護欲をくすぐりましょう。

・男性を立てる

家族や友だちの前など、状況に応じて相手を立てる姿勢も、愛され続けるために必要です。一歩引いた行動が好印象を与えるでしょう。

■好きすぎて辛いって思われたい!男性の言動を理解し愛される女性になろう

男性が女性に対して「好きすぎて辛い!」と思うのは、その女性が魅力的だから。男性心理を理解して、どう接するべきか考えてみるといいでしょう。そうすることで、もっともっと男性に愛されるはずです。

あわせて読みたい

色気ムンムンな先輩…社内恋愛のトンデモ騒動に巻き込まれた同僚

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加