白鵬、右膝回復順調「不安がなくなってきた」右足1本で踏ん張る場面も

白鵬、右膝回復順調「不安がなくなってきた」右足1本で踏ん張る場面も

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

霧馬山を小手に振って崩す白鵬(奥)

大相撲秋場所を右膝手術で全休した横綱白鵬(35)=宮城野=が18日、幕内霧馬山(24)=陸奥=を相手に土俵で相撲の動きを確認。合同稽古の後半初日となる20日にも申し合い稽古再開へ、準備を整えた。

伸び盛りの若手に力強い踏み込みからがっぷり組んだ。相手に押させて土俵際で回り込み、投げなど膝の強度も試した。前日より、強度を強めた稽古を繰り返し「見てて思うかなと思うけど、重さも出てきた。だんだんと不安がなくなってきたかなという気がしますね」と手応え。19日が中休みで20日から「申し合いに入りたいと思う」と語った。

右足1本で踏ん張る場面もあった。「思わず動いてということはさっきも言った不安が少なくなってきているということかな。そういう技が出た」と、うなずいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加