漫画の海賊版サイト、被害1兆円超の推計 前年比4.8倍に急拡大

漫画の海賊版サイト、被害1兆円超の推計 前年比4.8倍に急拡大

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/01/15
No image

"閉鎖された「漫画村」のサイト画像(画像を一部修整しています)"

2021年に海賊版サイトで読まれた漫画の被害額が少なくとも1兆円を超えることが、出版社などでつくる一般社団法人「ABJ」の調べで分かった。前年(約2100億円)の4・8倍に急拡大していた。

「ファスト映画」初の摘発 無断で短く、プロも雇って…

ABJによると、漫画の海賊版サイトは約900に上る。このうちアクセス数で上位10位までのサイトを調べたところ、21年の年間の合計アクセス数は、前年の2・5倍にあたる37億5663万件だった。

海賊版サイトは、サイト上で作品を読む「オンライン型」とパソコンなどにデータを取り込む「ダウンロード型」の2種類があり、被害額はオンライン型に絞って推計した。

サイトでの滞在時間から読まれた冊数を試算して21年分を推計したところ、約1兆19億円だった。20年の正規の漫画市場(6126億円。出版科学研究所調べ)の1・6倍にあたる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加